So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.10】 デスクトップテーマが適応されず、パネルやアイコンがGnomeのデフォルトテーマになってしまう問題(つまり、GTK-3.0のテーマとアイコンのテーマが適応されない問題)の対処。 [ubuntu]

昨日(2011/10/23)の記事を書いた後ぐらいに、下記のようにデスクトップテーマが適応されずに、パネルやアイコンがGnomeのデフォルトテーマになってしまいました。

言い換えると、gtk+3.0のテーマと、アイコンのテーマが適応されないのです。

SS-settings-001.jpeg

今回、発生した問題の特徴は、下記の通りです。

1) GTK+3.0のテーマとアイコンのテーマのみが適応されませんでした。逆に言うと、それ以外(例えば、gnome-shellのシェルテーマ)は変更できます。

2) gnome-settings-daemonはちゃんと動いていいました。下記のコマンドで確認しました。

ps aux | grep gnome-settings-daemon

3) 発生頻度は、100%です。 

4) unityでもgnome-shellでも発生します。(下図参照)

SS-settings-003.jpeg

それで、色々試してみました。以前、VirtualboxでUbuntu 11.04(Natty)を動かしたときもテーマが適応出来ない問題があって、gnome-settings-daemonを少し遅らせて開始させる(delay start)を試してみたりしました。

参考:『【Ubuntu 11.04】Virtualbox上で動かした時、時々テーマが適応されずパネルやアイコンなどがGnome Classicのテーマになってしまう対処

上記と症状がそっくりですが、直りませんでした。今回の場合は発生頻度が100%なので、原因が違っていました。

gnome-settings-daemonが関係あるだろうと、予想していました。そして偶然、解決方法を見つけました。

<< 解決方法 >>

端末から下記を入力してください。

gsettings get org.gnome.settings-daemon.plugins.xsettings active

もし、false と出力されたら、この記事の問題と同じです。次のコマンドを入力してください。

gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.xsettings active true

あとは、ログアウト&ログインをしてください。下図のようになって、テーマが適応できるようになっているはずです。

SS-settings-004.jpeg

ただ、どうしてこうなったのか、原因は不明です。

再インストールせずにすんだ。。。C=(^◇^ ; ホッ!

 

 ←ソーラーバッテリーチャージャー(DC12V用)

   こんなのあるんだ・・・
   以前、家の車(もう売ったけど)が、あまり乗らないので
   2度もバッテリー上げた。その車にあうバッテリー高かった。
   知ってれば試したのにな~。
   私が乗ってるヨットにも、ソーラーパネルついてるけど
   あれ動いてるのかな??


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

月乃

初めまして、こんにちは。
通りすがりの月乃と申します。

記事の「ソーラーシステム」ですが、とてもお薦めです。
新車を七ヶ月で乗れなくしてしまった私が使って1年無事バッテリー交換をせず済んでおります。

電気の減少などが、赤、黄色、緑で表示されるのも便利で
す。

ちなみに記事、上記の商品を自分で付けようと思いましたが、無理でした。(笑)
by 月乃 (2011-10-26 09:20) 

あんきょ

☆月乃さん☆
こんにちわ。
ソーラーシステム、役に立つんですね。
その上、バッテリーチェッカーにもなるとは。

今の車はしょっちゅう乗るので、今は不要ですが、あまりのらなくなったら購入を考えてみます。

あっ、でも車は車庫に入っていて光が入らない・・・
o( _ _ )o ショボーン
by あんきょ (2011-10-26 20:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。