So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.04】起動時間高速化ソフト(e4rat)を試してみました。(あまり変わらなかった) [ubuntu]

ネット上をうろうろしていたら、起動を高速化する方法が紹介されていました。

How To Cut Your Linux PC’s Boot Time in Half With E4rat

e4ratというソフトですが、Ubuntu 11.10(Oneiric)ではうまく動かなかったので、Ubuntu 11.04(Natty)で試してみました。

このソフトはハードディスクのseekを最適化するような作業をして起動時間を短縮するので、SSDの方はやっても効果がないようです。

また、e4ratを使用する場合はUbuntu に標準で入っている同じように起動時間を短縮するためのソフト(ureadahead)と競合するので、ureadaheadはアンインストールする必要があります。

さらにext4のファイルシステムでないとE4ratは使えないようです。

まずbootchartの結果からです。

ただ、必ずしも私と同じような結果になるとは限りません。まず、環境も違いますし、ATIドライバ用とKMS用をそれぞれ専用カーネルをビルドしています。

1) ATIドライバ(fglrx) + 何もなし。  42秒74

bootchart-e4rat-007.jpg

2) ATIドライバ(fglrx)+ureadahead 46秒41

※正確にはureadaheadのデータ収集のプロセスが動いています。

bootchart-e4rat-002.jpg

3) ATIドライバ(fglrx) + E4rat  47秒62

 bootchart-e4rat-005.jpg

ここまでATIドライバ(fglrx)でしたが、どれも大差ないです。 測定上は何もしていないのが一番早かったのは驚きでした。それと、E4ratが一番遅いですが、画面左上のインジケーター類の起動はureadaheadとE4ratでは同じくらいなので、ほとんど起動時間は違わない感じです。

4) オープンソースドライバ(KMS)+ 何もなし  53秒35

bootchart-e4rat-004.jpg

5) オープンソースドライバ(KMS)+ ureadahead 34秒44

bootchart-e4rat-003.jpg

6) オープンソースドライバ(KMS)+ E4rat  46秒50

bootchart-e4rat-006.jpg

オープンソースドライバ(KMS)で動かした場合、かなり差がでました。なにもないと、すごく遅いのに対してureadaheadがある時の早いこと・・

それとカーネルは違いますが、E4ratはATIドライバでもオープンソースドライバ(KMS)は同じよう時間でした。

というわけで、私の環境では、オープンソースドライバ+KMS専用カーネル+ureadaheadが早いです。 実はUbuntu 10.04の頃からこの組み合わせで大抵40秒は切っています。

一応、簡単にE4ratのインストール及び設定の仕方を書いておきます。興味のある方は広告の下にある「続きを読む」を押してください。 ただ、ブート部分をいじるので、重要なデータがある場合は止めておいた方がよいです。

 ←マイクロソフト ベーシックマウス

    いまこれ使ってます。(2011/8/6現在)
    使い始めて少しして、左クリックをすると
    ギシギシいうようになりました。
    それ以外のホイールの感覚や右クリックしたときの
    カチッと鳴る感じは好きなので、左クリックさえ
    トラブルがなかったら良かったのですが・・・
    アマゾンのレビューを見ると個体差がかなりあるようです。
    基本的には気に入っているので、もう一度購入しようかな~。
    その前にばらしてみよう。

 

 

 

<< インストール及び設定方法 >>

実践される方は自己責任でお願いします。

1) e4ratダウンロード

下記にアクセスして最新バージョンの所をクリックしてe4ratのdebパッケージをダウンロードします。

http://sourceforge.net/projects/e4rat/files/

32bit版と64bit版があるので気をつけてください。

2) ureadaheadのアンインストール

端末から下記のコマンドを入力してureadaheadを削除します。

sudo apt-get purge ureadahead ubuntu-minimal

3) ライブラリのインストール

下記のコマンドで必要なライブラリをインストールします。

sudo apt-get install libblkid1 e2fslibs

4) e4ratのインストール

端末を開いてからe4ratをダウンロードしたディレクトリに行って、下記のコマンドを入力します。

sudo dpkg -i e4rat_0.2.1_i386.deb

※ただし、上記はバージョン0.2.1の32bit用ですので、バージョンやアーキテクチャが異なれば青字の所は違います。

5) スタートアップログ収集

再起動してGrubのメニューを開きます。(デュアルブートの方は毎回開いていると思います。出ない場合はシフトキーを押しながら立ち上げてください。)

そしたら、初めに引用した記事(下記のURL)のGathering Dataの所のスクリーンショットと同じ事をします。

http://www.howtogeek.com/69753/how-to-cut-your-linux-pcs-boot-time-in-half-with-e4rat/

つまり、「e」のキーを押してエディットモードにしてから、「linux /boot/vmlinuz ・・・」という行の最後に下記を記述します。

init=/sbin/e4rat-collect

そしたら、Ctrl+xかF10キーで起動します。起動し始めたら、そこから2分間の動作を覚えます。

2分以内にデスクトップ上でよく使うアプリを起動してあげると、それらのアプリも最適化されるようです。

6) スタートアップログが作成出来たか確認

ls /var/log/e4rat/

と端末から入力して下記のファイルができていれば、データ収集は成功です。

startup.log

7) 最適化作業

再起動してリカバリーモード(シングルモード)で立ち上げます。途中で選択画面がでるので「resume」を選んでください。

立ち上がったらログインして、下記のコマンドを入力してください。

sudo e4rat-realloc /var/lib/e4rat/startup.log

この辺は、 引用した記事の「Moving the Startup Files」のスクリーンショットを参考にしてください。

しばらくすると、プロンプトに戻りますので、下記のコマンドで再起動してください。

sudo reboot

又は

sudo shutdown -r now

8) Grubの編集

再起動が終わったら下記のコマンドでgrubのパラメータの編集作業をします。

sudo vi /etc/default/grub

上記で開いたら、下記の行があると思います。(デフォルトのままで変更していない場合)

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"

これを、下記に書き直します。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="init=/sbin/e4rat-preload quiet splash"

書き直したらセーブして、grub.cfgを下記のコマンドで再作成します。 

sudo update-grub

以上で終了です。

次回の起動からe4ratが動くようになります。

 ←SSD

   こんな、面倒くさい手法より
   SSDで早くしたいな~
   お金あったらな~


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。