So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.04】 Virtualbox4.0.2 でkernel 2.6.38を使用する場合のGuestAdditionsの対処 [ubuntu]

Ubuntu 11.04(natty) alpha 1をアップデートしていくと、一昨日くらいにカーネルバージョンが2.8.38に変更になりました。

ところが、VirtualBox4.0.x では、GuestAdditionsを入れようとするインストールに失敗します。 Ubuntu以外でもカーネルに2.5.38を使用するとなると思います。

--- 2/5 追記 ---

Natty Alpha 2でGuestAdditions動くようになりました。Nattyの方は下記をまずお読みください。

【Ubuntu 11.04】Natty Narwhal Alpha 2 をVirtualBox 4.0.2で動かす方法

この記事の対処方法は不要です。

--- 2/5 追記終わり ---

--- 2/4 追記 ---

この問題はBug Ticketが切ってありました。これによるとVirtualboxの次回のリリースで対応予定みたいです。

http://www.virtualbox.org/ticket/8143

上記のページから手繰って、ファイルを持ってきた方がいいかも・・・

それから、Natty Alpha 2でこの対処をやっても動かない場合、私と同じ可能性があります。

【Ubuntu 11.04】Natty Narwhal Alpha 2が出ましたが・・VirtualBox4.0.2では動かない??

を読んでみてください。

--- 2/4 追記ここまで ---

※2011/1/30時点で最新は4.0.2です。下記からダウンロードで、

※4.0.2用GuestAdditionsのアップデータもあります。
http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

Windows がホストでUbuntu 11.04がゲストの場合の対処方法ですが、

1) まず、最新のGuestAddtionsが入ってるかチェックする。

/usr/src/vboxguest-4.0.xというディレクトリががあるかチェックしてください。xの部分はバージョンによって違いますが、現時点(2011/1/30)の最新はvboxguest-4.0.3です。

それと /etc/init.d/vobxadd  というファイルがあるかチェックしてください。

無ければ、上記の緑色で記述したURLからダウンロードしてインストールしてください。

この時エラーが出ますが、無視してください。/usr/src/vboxguest-4.0.xというディレクトリとができていて /etc/init.d/vobxadd  があればOKです。

GuestAdditionsをインストールした場合、マウントしたisoファイルはアンマウントしておいてください。

 

2) GuestAdditionsのソースコード修正。

まず、

cd /usr/src/vboxguest-4.0.x

でGuestAdditionsのソースディレクトリ内に入ります。

ここで、grep -R autoconf * とコマンドを入力すると、

vboxguest/include/internal/iprt.h:#  include <linux/autoconf.h>
vboxguest/include/iprt/types.h:#   include <linux/autoconf.h>
vboxguest/r0drv/linux/the-linux-kernel.h:# include <linux/autoconf.h>
vboxsf/include/iprt/types.h:#   include <linux/autoconf.h>
vboxsf/r0drv/linux/the-linux-kernel.h:# include <linux/autoconf.h>
vboxvideo/vboxvideo_drm.c:# include <linux/autoconf.h>

というように出るはずです。これらファイルに記述してあるインクルード文を、

# include <linux/autoconf.h> から # include <generated/autoconf.h>

に修正します。

例えば、1つづつ、

sudo vi  vboxguest/include/internal/iprt.h

とエディタで開いて、該当箇所を修正していきます。(もちろん、スクリプト書いてもいいです・・数が少なかったので私は手で修正)

すべて修正し終わって、grep -R autoconf * とコマンドを入力すると、

vboxguest/include/internal/iprt.h:#  include <generated/autoconf.h>
vboxguest/include/iprt/types.h:#   include <generated/autoconf.h>
vboxguest/r0drv/linux/the-linux-kernel.h:# include <generated/autoconf.h>
vboxsf/include/iprt/types.h:#   include <generated/autoconf.h>
vboxsf/r0drv/linux/the-linux-kernel.h:# include <generated/autoconf.h>
vboxvideo/vboxvideo_drm.c:# include <generated/autoconf.h>

となっていればOKです。スペルミスに気をつけてください。

3) GuestAdditionsインストール

下記のコマンドでビルド&インストールします。(GuestAdditionsのisoファイルはマウントしなくていいです。むしろマウントしない方がいいです。)

sudo /etc/init.d/vboxadd setup

※この時、2.6.38-1-genericの場合、「カーネルのヘッダーが無い」といった主旨のワーニングがでますが、uname -rの場合は2.6.38-1-genericとなって、カーネルヘッダーからバージョンを取り出すと2.6.38-rc2とでてしまって不一致になるためだと思います。

※実際のビルドには影響無いみたいです。

後は、再起動すればOKです。

 

※※小言※※

昨日、VirtualBox上で動かしている Ubuntu 11.04 (natty)が、起動時にログイン画面手前で真っ暗(ブラックスクリーン)で止まってしまってました。

色々調べていたら、どうもgdmのログやLaunchPadのバグ報告からevdevというデバイスドライバが怪しいかな~と思っていました。でもevdevってなんだろうと思ったところで、放置。

今日、 リカバリーモードで立ち上げてapt-get upgradeをかけたら・・・

xserver-xorg-input-evdevがアップデートかかりました。

もしかして直ってるのでは。。。と思って立ち上げたら、直ってました。

昨日は、リカバリーモードでGuestAdditionをインストールしたりで大変でした。

 ←無線LANアダプター

    これ、アンテナ付いていて受信能力高そう・・・
    私も無線LAN使用していますが、受信するのは
    PSPだけ。
    なので必要はないのですが、もしノートパソコンを
    購入することになったら考えよう

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。