So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 10.04】 起動画面カスタマイズ Grub2の代わりにBurgを使う [ubuntu]

久しぶりに起動画面のカスタマイズをしてみました。

Ubuntu 9.10以降では通常Grub2を使用しますが、Burg (Brand-new Universal loadeR from Grub) というグラフィカルなブートローダーがあったので入れていました。ブートローダーの仕組み自体はGrub2と似ています。それが下記の様にグラフィカルなっています。

SS-burg001.jpg

いくつかテーマがありますが、上記のはsoraというテーマをちょっと改造したものです。

<インストール方法>

10.04の場合ですが、端末から

sudo add-apt-repository ppa:bean123ch/burg
sudo apt-get update
sudo apt-get install burg-pc burg burg-themes

と3つのコマンドを打てば、インストールできます。コマンドはubuntuのバージョンによって違うかもしれませんが、要するにbean123ch/burgのppaを設定して、burg-pc burg burg-themesをインストールすればOK。

最後のコマンドの所で、インストールするMBRを聞いてきます。burgはブートローダーですので、インストール時にMBRを書き直します。くれぐれもインストール先を間違わないように・・・

その他にも、カーネルの起動オプションを聞いてきたりしますが、基本的にいじっていなければデフォルトのままでエンターキーを押せばOKだと思います。必要に応じて付け足してください。後からでも付け足せますが・・・

私はbootchartをインストールしていていますが、普段は使用しないので"bootchart=disable"といったオプションを付け加えました。

インストールが終わって、下記のコマンドを入力すると、ブートローダのイメージを表示してくれます。再起動はしません。1つのウインドウとして表示します。なので、カスタマイズした時は下記のコマンドで確認できます。

sudo burg-emu -D 

 

<基本的な仕組み>

Grub2の仕組みを理解している方はすぐに分かると思いますが、

guru2の/etc/default/grubに対応するファイルが/etc/default/burg です。

/etc/grub.dのディレクトリに対応するのが/etc/burg.dで、そのディレクトリの中には00_headerや10_linuxと言ったGrub2と同じようなファイルが入っています。

update-grubに対応するコマンドがupdate-burgです。update-burgを実行すると、/boot/burg/burg.cfgを書き直します。

ただし、/etc/grub.d/05_debian_themeファイルに相当するものは/etc/burg.dの所にはありません。その代わり、/etc/default/burgの中に、 "GRUB_THEME="の右辺にテーマを書きます。

 

<テーマの変更方法>

まずは、下記のコマンドを入力してみてください。

ls /boot/burg/themes

ディレクトリが20個くらい出てきたと思います。このディレクトリ名がテーマ名になります。ただし、iconとconf.dは違います。 (ls /boot/burg/themes/<テーマ名> と入力すると、themeというファイルがあるはずです。themeファイルが無いディレクトリは違います。)

次に、

gksu gedit /etc/default/burg

としてエディタを立ち上げます。すると35行目あたりが、

GRUB_THEME=saved

となっているはずですので、

GRUB_THEME=<テーマ名>

としてください。例えば、 「GRUB_THEME=sora 」とかです。

残りの部分はGrub2を設定したことがある人は、見たことのあるパラメータばかりだと思います。振る舞いも同じようです。なので、下記のようにするとburgが1024x768のサイズで表示されます。ただ、コメントアウトではなくsavedを使用していますが、savedに設定するとデフォルト設定になるようです。詳しく説明するのは面倒大変なので、/etc/brug.dのディレクトリの各スクリプトや/boot/burg/burg.cfgを見てください。

GRUB_GFXMODE=1024x768

/etc/default/burgを編集し終わったら、セーブして、

sudo update-burg

として反映してください。そして

sudo burg-emu -D

で確認してください。大丈夫なら、次回から確認した起動画面で起動します。

 

<テーマのカスタマイズ>

例えば、上記のスクリーンショットの起動画面はインストール状態では存在しません。

/boot/burg/themes/sora/background.png を plymouthのsolarテーマに入れ替えました。それと、アイコン上のフォントサイズを少し小さくしました。

/boot/burg/themes/<テーマ名>/theme ファイルをエディタで開くと、何を設定しているのか何となく分かると思います。(勘です。)なので、このthemeファイルもしくはinlucdeしているファイルを書き直したり、リソースを入れ替えればカスタマイズできます。ただ、記述仕様書をみつけていないので勘です。

これも sudo burg-emu -D で確認しながらやっていけば良いと思います。

 

<Grubに戻す方法>

まだ、やってません。 多分、gurb-installで元に戻るのではないかと・・・(段々、いい加減になってきたな~)

 

「MBRやブートローダが吹っ飛んでOSが起動しないくらい平気」という方は、おかしくなっても直せると思いますが、MBRがおかしくなってOSが起動しないのを直せない方は止めておいた方がいいです。ミスをしたらOS起動しなくなります。

 ←グラスデコ

   絵の具なんだけど、乾くとシールになる。
   おもちゃだけど、鏡とかにデコレーションしたら
   おもしろいかも・・・

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。