So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 10.04】ATI ドライバインストールでaticonfig --initialでエラー & xorg.confが簡素に。 [ubuntu]

Ubuntu 10.04(64bit版)を設定した時に、ATIドライバーをリポジトリから持ってきて入れました。

10.04では初めてのインストールなので、当然 sudo aticonfig --initial を打たないといけないものだと思い込んでいて入力したら、

sudo aticonfig --initial
Found fglrx primary device section
Unable to find any supported Screen sections

と出てきました。(‾ー‾?).....??アレ??

ちょっと調べたらxorg.confが既にあると、このようなエラーになるみたいで

cd /etc/X11
sudo mv xorg.conf xorg.conf.original

とやってから、sudo aticonfig --initial とすればできました。動いているので特に行う必要はないのですが、もしかしたらデュアルディスプレイの方やカードを複数枚さしている方は、色々オプションを指定して設定する必要があるかもしれません。

あとで分かったのですが

sudo aticonfig --initial -f

として -f オプションを付ければいいようです。(自信無し・・)

ただ、そこで1つの疑問が生まれてきました。

「上記の作業をする前からCompizやConkyが動いてる。。どういうこと??」

そこで/etc/X11の中のxorg.conf やxorg.conf.originalを見てみましたが、、少し違いはありますがdbe,dri,dri2と言ったモジュールをロードする記述がどちらにも無い!!

しかし、mesa-utilsのパッケージをインストールして

ubuntu:/etc/X11$ glxinfo | grep render

と入力すると、下記のようにdirect renderingがYesになってます。

direct rendering: Yes
OpenGL renderer string: ATI Radeon HD 4800 Series
    GL_NV_conditional_render, GL_NV_copy_depth_to_color,

そこで、下記でログをみたらロードしている。

less /var/log/Xorg.0.log

良く分かりませんが、デフォルトでDRI,DBEといったモジュールをロードするようです。(今頃知った)9.10の時はインストール時にブラックアウトしてしまったから、とにかく動くxorg.confを探してきて修正していったけど、9.10の時から記述しなくてもロードしてたのかな・・・チェックしてみよう。

 ←USB充電器 4ポート

   家にはUSBで充電するようなもの無いけど、
   DSとかiPodとかポータブル機器を沢山持ってる人は便利かも。。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。