So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 9.10】Canon MP610 プリンタードライバーをインストール(64bit版編) [ubuntu]

Ubuntu 9.10を64bit版に移行して、やっぱりプリンタをインストールしないと何かと不自由なので『【Ubuntu 9.10】Canon MP610 インストール』に書いたようにインストールしようとしました。

ところが・・・Canonさんが提供しているのは32bit版のみらしく、キャノンのホームページを探しても64bit版のdebパッケージは無い・・・

うーん、どうしようか。。色々調べていたら、64bit版は32bit版をエミュレートすることができるみたい。といっても、ドライバーだから動かないかな~とも思いつつ

ubuntu@root:~# dpkg -i --force-all cnijfilter-common_2.80-1_i386.deb
ubuntu@root:~# dpkg -i --force-all cnijfilter-mp610series_2.80-1_i386.deb

で無理やり入れてしまった。でも、前回32bit版の時はMP610というのがプリンターの欄に表示されない。

あ、プリンタの電源を入れ忘れていた。スイッチON。

そしたら、自動的にMP610-seriseというのが追加された。どういうことだ??CUPSを見れば分かるかな?とおもい、アクセスしたら・・・

CUPS01.jpg

なにこれ? 管理ページにいってみると・・

CUPS02.jpg

私の知ってるCUPSの画面では無い・・・

調べているとこんな記事を見た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000002-cwj-sci

この記事によると、プリンタドライバの互換性が強化されてるらしい。Appleと同じサブシステムって書いてあるが、私はMacユーザーではないのでどういう仕組みなのか分からない。でも、自動認識してくれるみたい。

この自動認識が原因で前回32bit版を入れた時は、プリンターが一台なのにMP610とMP610-seriseという2つのプリンタ設定ができちゃったのかな??

今回はMP610ができてない、私が無理やり入れたCanonの32bit版のドライバーを使って無いのかな??。でも入れたドライバのバージョンがCUPSの管理画面に表示されてるし。。

そうだ、 Canonのパッケージに入っている cngpij コマンドで打てば分かると思い、打ってみたら、

MP610-01.jpg

表示されて、ここで設定した通りプリントしてくれる。(立ち上がるときにちょっとgtk2関連のワーニングがでました)。やっぱり、ドライバインストールしたのは意味があったのかな??

まぁいいや。どっちでも。動くから。。
↑ いい加減な性格です。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。