So-net無料ブログ作成
検索選択

【Win8】 Eclipse 4.2 (Juno) インストール --- Pleiades All in Oneを使ってみました。 [windows]

Eclipse 4.2 (Juno) をwindows 8にインストールしました。

SS-eclipse-juno-006.jpg

Eclipse Site : http://www.eclipse.org/

上記URLが本家のサイトで、ここからダウンロードできます。しかし、ダウンロードしたeclipseは英語で日本語化するためにはPleiadesのプラグインを下記のURLから持ってきてインストールする必要があります。

http://mergedoc.sourceforge.jp/

そこで、今回は上記URLのPleiadesのサイトにあるAll in Oneを使うことにしました。このAll in Oneというのは、開発言語毎にまとめられたeclipse本体(日本語化済み)と幾つかのプラグイン群のセットです。これなら楽にインストールできます。

< ダウンロード >

ダウンロードの場所は、Pleiadesのサイトのトップにあるので、行けばすぐにわかると思います。

各パッケージは開発言語毎に分かれており、それぞれ32bitと64bitがあり、さらにstandardとfullに分かれています。

Pleiadesのサイトではfullバージョンを勧めています。これは、eclipse動作用のJava Runtime(jre)を専用化して、eclipseが思わぬ動作をしないようにするためのようです。

私も勧めに従ってFullバージョンをダウンロードしました。

ちなみに、UltimateのFullバージョンだとダウンロードするファイルサイズが1Gbyteを超えますので、ダウンロード時間はそこそこかかります。

 

< インストール >

まず展開するわけですが、Windows8に標準でついている(エクスプローラに内臓されている)のでは、名前が長すぎるのか展開できません。

私は下記URLのLhazを使いました。

http://chitora.com/

lhzaはWindows8に対応と書いてあるものを見たことないのですが、無事展開できました。

展開するとPleiadesというフォルダができるので、適当な場所に移せばよいです。(移さなくても動作します) 私はC:\Program Filesの直下に移しました。

SS-eclipse-juno-001.jpg

あとは、起動しやすいようにeclipse.exeのショートカットをデスクトップにでも作っておけば終わりです。(eclipse.exeの格納場所は、私と同じようにやった場合、C:\Program Files\Pleiades\eclipse\eclipse.exe となります)

 

< 初めて起動 >

初めて起動すると、下図のように「キャッシュクリーンアップ中」とでて、結構時間がかかります。

SS-eclipse-juno-003.jpg

画面が変わると、ワークスペースの場所も聞かれますので、適切な場所を選んでください。

それと、下記がでる場合があります。

SS-eclipse-juno-005.jpg

分からない場合、チェックを入れて警告を次回から表示させないようにすればよいと思います。因みに、Gitとは分散型バージョン管理ツールです。( http://ja.wikipedia.org/wiki/Git )

あとは通常通り使えばOKです。

 

 ←Eclipse 4.2(Juno)の本

    こんな本があるのか・・
    付録にeclipseもPleiadesもついているようです。
    詳しい内容は見たわけではないのでわかりませんが・・・


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【Ubuntu 13.04 Daily】 アップデート時に「WARNING: could not open ~中略~ /modules.builtin: No such file or directory」というった警告がでる。 [ubuntu]

Ubuntu 13.04 Daily版をアップデートしたら、

「WARNING: could not open /tmp/mkinitramfs_CSmSKe/lib/modules/3.7.0-3-generic/modules.builtin: No such file or directory」

という警告がでました。(青文字の部分は、毎回違います)

それで赤文字の部分からも想像できるのですが、1つ前の出力が、

update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-3.7.0-3-generic

でしたので、update-initramfsだろうということで試しにコマンドラインから入力してみたら・・・

raring@ringtail-vm:~$ sudo update-initramfs -u
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-3.7.0-3-generic
WARNING: could not open /tmp/mkinitramfs_cbP9vH/lib/modules/3.7.0-3-generic/modules.builtin: No such file or directory

やはり、update-initramfsが原因のようです。

それで、バグは報告されているのかな~と思って検索してみたら、関連するバグ報告が2つありました。

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/initramfs-tools/+bug/1075422

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/initramfs-tools/+bug/1079605

驚いたのは2つ目のバグ報告(バグというよりリクエスト)で、Ubuntu 13.04 Dailyの2012/11/27時点で使用されているinitramfs-tools(update-initramfsとかのコマンド集)のバージョンが0.103で、最新のDebian Sidに提供されているバージョンが0.109です。

古すぎる。。。だからbug #107905があるのでしょうね。

ちなみに、下記がDebianのinitramfs-toolsのチェンジログ。

http://packages.debian.org/changelogs/pool/main/i/initramfs-tools/initramfs-tools_0.109/changelog

見ると、0.103から0.109の間にurgency=highのバージョンアップが3個もある・・・

 

ちなみに、このバグ自体は、 Bug #1075422と下記のDebianのBugリポートがリンクしています。

http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=659866

そして、上記のリポートで直されたdiffが下記。

http://anonscm.debian.org/gitweb/?p=kernel/initramfs-tools.git;a=commitdiff;h=71ece1498644e162e2d7271098e97d52d18ce3e2

 

Debianは直されているのだから、Ubuntuも早くバージョンアップしてください。(;人;) オ・ネ・ガ・イ

 

 ←SDカード (Amazon ベーシック)

   SDカードを購入する必要があったので、
   試しにAmazonベーシックのものを
   購入してみました。
   まだちょっと使っただけなので
   商品については何ともいえませんが・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【Ubuntu 13.04 Daily】 Ubuntu 13.04 (Raring Ringtail)をVirtualbox 4.2.4にインストール --- alphaバージョンがリリースされくなった&開発スケジュール [ubuntu]

Ubuntu 13.04 (Raring Ringtail)をVirtualbox 4.2.4にインストールしてみました。

SS-raring-install-to-vm-001.JPG

ダウンロードサイト:

http://cdimage.ubuntu.com/daily-live/current/

 

Ubuntu 12.10のAlphaバージョンの頃はABIバージョンが合わなくて、ほとんどインストールできない状態が続いたことを思えば、Ubuntu 13.10 Daily Buildのインストール時に困ったことは発生しませんでした。

インストール方法は、今までのUbuntuと変わらないし、トラブルもなかったので省略します。ただ、2012/11/23時点で問題なくインストールできましたが、開発が進むとバージョンが変わったりやバグ入り込んだりして、うまくインストールできない可能性はあるかもしれません。

Ubuntu 12.10から変わった所は2012/11/23時点ではKernelが3.7を使っていることぐらいです。 XorgやGTKのバージョンはUbuntu 12.10と同じでした。

 

今回のUbuntu 13.04(Raring Ringtail)から開発スケジュールに変更があって、Alphaバージョンがリリースされないことになりました。

関連記事

http://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/201211/02

http://www.omgubuntu.co.uk/2012/10/ubuntu-13-04-to-drop-alpha-releases

http://www.webupd8.org/2012/10/ubuntu-1304-alpha-releases-dropped-only.html

というわけで、Beta リリース前のバージョンはDaily Buildのサイト(本記事最初のURL)からダウンロードすることになります。

 

それと、リリーススケジュールはどうなってるかというと、下記URL.

https://wiki.ubuntu.com/RaringRingtail/ReleaseSchedule

主なところを抜き出すと下記。

2012/12/6 Alpha 1 (for opt-in flavors)

2013/2/7   Alpha 2 (for opt-in flavors)

2013/3/7   Feature Freeze

2013/3/14 Beta1Release (for opt-in flavors)

2013/3/28 FinalBetaRelease

2013/4/18 ReleaseCandidate, FinalFreeze

2013/4/25 FinalRelease

リリーススケジュールはalphaバージョンが出ないことを除いてはいつも通りですね。

「opt-in flavors」ってどう訳したらいいんでしょう?opt-inが「明示的な承認or承諾or希望」みたいな意味で、「flavors」はこの場合KubuntuやLubuntuのことを指しているのですが、うまく訳せません。

前述の関連記事を読んでみると、ubuntuはalphaバージョンは無くなって開発工程のターゲットとして使うようですが、 KubuntuやLubuntuなどはAlphaバージョンが出るものもあるようです。

いずれにしても、Ubuntu 13.04 (Raring Ringtail)に関しては、知らないで「Alphaバージョンでないかな~」と待っているといつまでたっても出ないということが発生します。

 

 ←Linuxをすぐに使いこなす本

    もうUbuntu 12.10が付録で付いてくる
    本が発売されてました。
    今回はかなり早い感じがします。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。