So-net無料ブログ作成

【Ubuntu】Ubuntu 11.10(oneiric)やUbuntu 12.04(precise)で、Grubメニューのリカバリーモード(recovery mode)を選んだ時にファイルを消したり出来ない場合 [ubuntu]

Ubuntu 11.10(oneiric)やUbuntu 12.04(precise)を使っていて、トラブルなどでGrubメニューからリカバリーモードで起動する場合があります。

本来トラブルが無ければ使いませんが、fglrxドライバーをアップデートすると/etc/ati/amdpcsdb を一旦消す必要があるのですが、Xサーバーが起動しているとダメなのでGrubのリカバリーモードから削除しています。

それで、以前のUbuntuならリカバリーモードでログインプロンプトが出ていたのですが、仕様がかわったようなのでrootでログインする方法を記述しておきます。

1) リカバリーモードの選択

Ubuntuを起動すると下図のようなGrubのメニューがでます。

SS-recovery-mode-001.JPG

もし出ない場合は、Shiftキーを押しながら起動するとメニューがでます。

ここで、「Ubuntu with ・・・・(recovery mode)」というのを選んでエンターキーを押します。

2 ) 始めの選択画面

起動が始まると、少しして(十数秒くらい)下記の画面のどちらかが出ます。

(パターンA)

SS-recovery-mode-002.JPG

(パターンB)

SS-recovery-mode-008.JPG

ここで、「root   Drop to root shell prompt」を選ばないでください。どちらも選択画面の最初の行に「read-only」という文字があるのが分るかと思います。もし「root   Drop to root shell prompt」を選ぶと、下図のようにファイルを作成したり消したりが出来ません。

SS-recovery-mode-009.JPG

Read-only file systemと出力されて、touchやrmコマンドが実行できていないのがわかると思います。

次にそれぞれのパターンの場合について説明します。

(パターンA) 

3) network を選ぶ

「network   Enable networking」と言う項目があるのでそれを選びます。

SS-recovery-mode-004.JPG

すると下図がでるので、<YES>を選択します。これによって、File Systemをread/writeモードで再マウントします。

SS-recovery-mode-005.JPG

4) 今度はrootを選ぶ。

数秒してまた同じようなメニュー(下図)に戻ります。

SS-recovery-mode-006.JPG

同じ様な画面ですが、最初の行が「filesystem state : read/write」に代わっています。

これで今度は上図のように「root   Drop to root shell prompt」を選びます。

これでrootのShellに入りますので、今度はファイルの削除や作成ができます。

※パスワードを設定した方のみ、rootのShellに入る前にパスワードを要求されます。(本来Ubuntuでは設定しないのですが・・・)

 

(パターンB)

3) remount   を選ぶ

下図の画面で「remount    Remount /  read/write  and mount all other file system」を選びます。

SS-recovery-mode-008.JPG

4) rootを選ぶ

数秒で今度は下図になるはずです。

SS-recovery-mode-011.JPG

今度は、「root   Drop to root shell prompt」を選んでください。rootのshellに入れます。

※パターンA同様に、rootにパスワードを設定した方は、パスワードを要求されます。

これで、あとはファイル操作ができます。

以上です。 

この画面のお世話にはなりたくありませんけど、いざという時に。

 

 ←ヘッドホン(Victor RX900)

   今、RX500を使ってるんですけど、
   汚れも酷くなってきたし、少し壊れかかってきたので、
   買い替えた方がよいかな~と思い始めました。
   これなんかどうだろう?? RX700でもいいかな??


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る