So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 12.04 alpha 2】WordPress 3.3.1をローカルサーバーにインストール -- メモ [ubuntu]

前回の記事『【Ubuntu 12.04 alpha 2】PHP5-FPM (PHP5 FastCGI Process Manager) + Apache2-MPM + MySQL (LAMP) 環境構築 -- メモ』の余談のところで、WordPressをインストールしたと記述しました。

やはり、わすれそうなのでインストール方法をメモしておきます。

使用WordPress Version 3.3.1

なお、本インストールは 『【Ubuntu 12.04 alpha 2】PHP5-FPM (PHP5 FastCGI Process Manager) + Apache2-MPM + MySQL (LAMP) 環境構築 -- メモ』で構築したサーバーに入れています。

 

<インストール方法 >

1) WordPressのダウンロード

http://ja.wordpress.org/

にアクセスしてWordPressをダウンロードします。

ダウンロードしたら端末からunzipコマンドでもfile-rollerでもよいので展開しておきます。

2) MySQLのデータベースとユーザの作成

http://localhost/phpmyadmin/

にアクセスして、rootでログインします。

上部の[データベース]タブを押して、「新規データベースを作成する」の所で"wordpress"とか"wpdb"とかわかりやすい名前でデータベース名を入れます。

SS-wordpress-007.jpeg

そしたら右側の「作成」ボタンを押します。

そうすると下図の画面になって、一覧の中に先ほど入れたデータベース名が増えているので、その行の「特権をチェックする」を押します。

SS-wordpress-016.jpeg

次の画面になるはずですので、下図のように「新しいユーザーを追加する」を押します。

SS-wordpress-017.jpeg

そうするとユーザー情報の入力欄になるはずですので、ユーザー名、ホスト名、パスワードを入れます。

SS-wordpress-018.jpeg

ユーザ名、パスワードは自分で好きなものに設定してください。ホスト名ですが、今回は同じホスト上で動かしているので、localhostとなります。上図の例では、wordpressというユーザ名で作成しています。

なお。ユーザ専用データベースの項目は一番したの「データベース”xxxxxx"への全ての権限を与える」にチェックが入っていることを確認しておいてください。※ xxxxxxの部分は、初めに設定したデータベース名になります。

ここまで入れたら、ブラウザを一番下までスクロールして「実行する」ボタンを押します。

SS-wordpress-019.jpeg

これでデータベースとユーザ名、パスワードは設定出来ました。

もし、この項目を端末からコマンドラインで行うなら、

mysql -u root -p

ここでパスワードが求められます。そしてプロンプトが「 mysql>」に変わります。そしたら、

CREATE DATABESE wordpress;

GRANT ALL ON wordpress.* TO 'wordpress'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';

quit

です。データベースの操作コマンドは全て大文字ですので注意してください。

ここで、作成したデータベース名、ユーザ名、パスワードは後で使用しますので覚えておいてください。

3) WordPressをドキュメントルートの下に持っていく

下記のコマンドで、apache2のドキュメントルートに行ってください。

cd /var/www

※ドキュメントルートの設定を変えている方は違います。設定したドキュメントルートに行ってください。

sudo cp -R /* WordPressのダウンロードしたディレクトリパス/wordpress .

このままでもよいのですが、このままだとWordPressにアクセスするアドレスが http://localhost/wordpress/ となります。

そこで、例えば下記のようにします。

sudo mv wordpress blog

すると、ブラウザでアクセスするアドレスが http://localhost/blog/ になります。本記事では、この作業は変えずに説明します。以降の説明ではアドレスを読み替えてください。

4) WordPressの設定

ブラウザで http://localhost/wordpress/ にアクセスします。

始めてアクセスすると下図が出るはずです。

SS-wordpress-012.jpeg

上図の設定ファイルを作成するを押して、その次のページも1つしか押すところが無いはずですので押します。すると下図になります。

SS-wordpress-013.jpeg

ここで2)で設定した、データベース名、ユーザ名、パスワード(上図はデタラメ)、ホスト名(localhost)を入れます。

そして「作成する」を押します。

次は、wordpressの入っているディレクトリのパーミッションによるのですが、下図が出るはずです。

SS-wordpress-014.jpeg

まだ、「インストール実行」は押さないで、上図の青い部分をコピーしておきます。(スクロールして上図のスクリーンショットの数倍の長さがあります。)

そしたら、下記のコマンドを入力して編集します。

sudo vi /var/www/wordpress/wp-config.php

開いたファイルは空のはずですので、上図のコピーしたのをそのままペーストしてセーブします。

セーブし終わったら、上図の「インストール実行」を押します。

6) ブログ用のユーザ名とパスワードなどの設定

SS-wordpress-015.jpeg

上記は見れば分かると思いますのでほとんど省略です。サイトのタイトルがブログのタイトルになります。あとは、ユーザ名、パスワード、メールアドレス、プライバシーを設定します。

そして「WordPressをインストール」を押します。すると、下図が出ます。(スクリーンショット撮り忘れで別のユーザ名のスクリーンショットになっています。)

SS-wordpress-005.jpeg

7) ログイン

後は再び、 http://localhost/wordpress/ にアクセスすると、下図がでるので先ほど登録したユーザ名、パスワードを入れます。

MySQLで設定した方ではなくて、6)で設定したユーザ名とパスワードです。

SS-wordpress-020.jpeg

ログインすると、下図のような画面になります。(こちらもスクリーンショット撮り忘れで別のユーザ名になってます。)ただ、ひょっとしたら、いきなりブログのページになるかもしれません。その時は上部右側の「こんにちわ」の隣のユーザ名をクリックすると、下図になるはずです。

SS-wordpress-006.jpeg

以上です。

手順通り、ユーザ名とかを間違えないでやれば問題ないと思います。(途中で、入力ミスしてデータベースと接続出来なかった私・・・原因探すのに時間かけてしまった。)

 

 ←WordPressデザインブック

    この本は近くの書店にあったので
    少し中をパラパラと見てみました。
    これにはインストール方法とかは
    ほとんど乗っていなくて、あくまでデザインの本です。
    インストール方法は1つ前の記事の一番したの広告の
    本に乗ってると書いてありました。
    どの程度書いてあるかは分からないけど・・・


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【Ubuntu 12.04 alpha 2】PHP5-FPM (PHP5 FastCGI Process Manager) + Apache2-MPM + MySQL (LAMP) 環境構築 -- メモ [ubuntu]

この記事はメモです。 

ひょっとしたらLAMP環境が必要になるかもしれないので、たまたま見つけた記事を試してみました。

元ネタ:

http://www.howtoforge.com/using-php5-fpm-with-apache2-on-ubuntu-11.10

上記記事はUbuntu 11.10(oneiric)ですが、私はUbuntu 12.04(precise) alpha 2でやってみました。

また、ローカル環境での試験の為ですので、セキュリティは考慮していません。

各バージョンは次の通り。

OS: Ubuntu 12.04 alpha 2 3.2.0-15-generic-pae

httpサーバ: apache2-mpm-worker 2.2.21-5ubuntu1

php5 : 5.3.8.0-1ubuntu3

Mysql : 5.5.17-4ubuntu6

インストール方法は上記リンクとまったく同じです。 見つけられなくなると困るので、要点を抜き出しておきます。

 

< インストール方法 >

※基本的に記述したコマンドは端末(ターミナル)から入力してください。

1) SQLサーバーインストール

sudo apt-get install mysql-server mysql-client

この時にmysqlの管理パスワードを聞かれるので、入力する。

Php5-fpm-001.jpeg

2) Apache2インストール

sudo apt-get install apache2-mpm-worker

インストールが終わったら、http://localhost/ と入力してApacheが動いている事を確認する。

Apache2の設定ですが、モジュールを追加する場合は/etc/apache2/mods-availableの中のモジュール.confとモジュール.loadを/etc/apache2/mods-enabledのディレクトリにシンボリックリンクを張ります。例えばuserdirを有効にしたければ、

cd /etc/apache2/mods-enabled

sudo ln -s ../mods-available/userdir.* .

上記コマンドでuserdir.loadとuserdir.confがシンボリックリンクされます。userdir.loadはモジュールのロード記述です。そして、userdir.confがuserdirに燗する設定なので、このファイルを編集すればOK。

Apache2.confやhttpd.confの記述を変更することは無いです。(これらのファイルを編集するような記述が書いてあるサイトはApache2のバージョンが違います。)

Apache2の設定を変更した場合などにリスタートが必要になりますが、リスタートは下記のコマンドです。

sudo service apache2 restart

3) PHP5 インストール

sudo apt-get install libapache2-mod-fastcgi php5-fpm php5

sudo vi /etc/init.d/php5-fpm #バグフィックスのため

編集画面がでたら、下記を書き換えてセーブします。

do_reload() {
            #
            # If the daemon can reload its configuration without
            # restarting (for example, when it is sent a SIGHUP),
            # then implement that here.
            #
            #start-stop-daemon --stop --signal 1 --quiet --pidfile $PIDFILE --name $NAME
            start-stop-daemon --stop --signal 12 --quiet --pidfile $PIDFILE --name $NAME

return 0

青字のところがあるはずですので、これを赤字に書き直します。(上記の青字はコメントアウトしてあります。)

セーブしたら下記のコマンドを入力していきます。

sudo a2enmod actions fastcgi alias

sudo service apache2 restart

4) Apache2の設定

sudo vi /etc/apache2/sites-available/default

でデフォルトの設定ファイルを編集します。

<VirtualHost>から</VirtualHost>の間に下記の記述を挿入します。


<IfModule mod_fastcgi.c>
         AddHandler php5-fcgi .php
         Action php5-fcgi /php5-fcgi
         Alias /php5-fcgi /usr/lib/cgi-bin/php5-fcgi
         FastCgiExternalServer /usr/lib/cgi-bin/php5-fcgi -host 127.0.0.1:9000 -pass-header Authorization
</IfModule>

 

記述し終わったらセーブしてApache2をリスタートします。

上記の/usr/lib/cgi-bin/php5-fcgiのファイルはソケットファイルみたいなものですので、同じファイルやディレクトリを作成しないようにします。"FastCgiExternalServer"はfastCGIの設定です。

次に下記でまた編集します。

sudo vi /var/www/info.php

今度は空ファイルのはずですので下記を記述してセーブします。

<?php
phpinfo();
?>

そしたら、ブラウザを起動して下記のアドレスにアクセスします。

http://localhost/info.php

Php5-fpm-002.jpeg

上図のように表示されればOK。(Additional .ini files parsedの欄は次の項目を行った後にスクリーンショットを取ったので、実際はこれほどありません。また、スクリーンショットのアドレスが記事のものと違いますが、直接IPアドレスを入れているだけです。)

5) SQLをサポートするためのPHP5モジュールの追加

sudo apt-get install php5-mysql php5-curl php5-gd php5-intl php-pear php5-imagick php5-imap php5-mcrypt php5-memcache php5-ming php5-ps php5-pspell php5-recode php5-snmp php5-sqlite php5-tidy php5-xmlrpc php5-xsl

※モジュールが多すぎて、本当に必要なのはどれか確認しませんでした。

インストールされたら下記のコマンドでphp5-fpmのリロードをします。

sudo service php5-fpm reload

もう一度 http://localhost/info.php にアクセスすると(リロードでも可)、下図のようにmysqlとかの欄が増えているはずです。

Php5-fpm-003.jpeg

6) phpmyadminのインストール

sudo apt-get install phpmyadmin

インストール時に2つほど質問されるはずですので、dbconfig-commonを利用するか?という質問には「NO」、再構築するWeb serverを聞かれたら、「Apache2」を選択します。

※Apache2のインストール時もそうですが、インストール時にインストールスクリプトがwhiptailというコマンドを呼んでいます。ところがこのコマンドが/binの中にあるのに、/usr/bin/whiptailを呼んでいるために起動しません。シンボリックリンクを張ってあげると解消しますが、インストール時のインターフェースが変わります。

phpmyadminのインストールが終わったら、下記にアクセスアクセスします。

http://localhost/phpmyadmin/

すると下図の画面が出るはずです。

Php5-fpm-004.jpeg

ここで、ユーザ名を「root」、パスワードを1)でMySQLをインストールしたときに設定したものを入れます。※「クッキーを有効にして下さい」の表示は、ブラウザでクッキーを有効にしていても出てしまいました。

無事ログイン出来ると下図。

Php5-fpm-005.jpeg

7) PHP-FPMをTCP経由からソケットへ変更

この作業は、デフォルトではネットワークを使っていないのにPHP-FPMにデータを渡す為にTCPでループバックをかけています。 このオーバーヘッドを無くすために、ソケットを利用します。

sudo vi /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf

これでlistenと言う下記の青字の記述を探して、下記のように書き換えます。

;listen = 127.0.0.1:9000
listen = /tmp/php5-fpm.sock

青字はコメントアウトされて、赤字の所を追加しています。

書き終えたら、セーブして下記でphp5-fpmをリロードします。

sudo service php5-fpm reload

次にApache2の設定を書き直します。

sudo vi /etc/apache2/sites-available/default

で下記の赤字の所を書き直します。

<IfModule mod_fastcgi.c>
      AddHandler php5-fcgi .php
      Action php5-fcgi /php5-fcgi
      Alias /php5-fcgi /usr/lib/cgi-bin/php5-fcgi
      FastCgiExternalServer /usr/lib/cgi-bin/php5-fcgi -socket /tmp/php5-fpm.sock -pass-header Authorization
</IfModule>

書き終えたら、セーブしてApache2をリスタートします。(php5-fpm.sockのファイル名に関しては、php5-fpmとApache2に設定したファイル名が一致していればOKなはずです。例外はあるかも・・・)

sudo service apache2 restart

もう一度、 http://localhost/info.php や http://localhost/phpmyadmin/ にアクセスしてちゃんと動けばOKです。

以上です。

 

< 余談 >

実はこの後、WordPress 3.3.1を入れました。なんか動いているみたい・・・

SS-wordpress-006.jpeg

そのうち、インストール方法の記事とか書くかも。。。

 

 ← WordPressレッスンブック

     WordPressを使うことになったら
     これか、WordPressデザインブックを買うと思う。
     両方とも必要かな~
     ちなみに、自分のブログの為では無いです。
     なので、このブログがお引越しするわけではないです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る