So-net無料ブログ作成

【Ubuntu】JAVA 7 (JDK 1.7.0) をPPAからインストールする方法 [ubuntu]

WEB UPD8を見たらJava 7 SDKをPPAからインストールする方法が載っていました。

http://www.webupd8.org/2012/01/install-oracle-java-jdk-7-in-ubuntu-via.html

PPAのページは下記。

https://launchpad.net/~webupd8team/+archive/java

2012/1/19時点で、対応しているUbuntuのバージョンは、10.04(Lucid)から12.04(Precise)です。

このPPAにはOracle(Sun) Java 7自体がパッケージになって置いてあるわけではなくて、Java 7のインストーラーがパッケージになって置いてあります。なので、パッケージをインストールすると、そこでJava 7をダウンロードしてきて入れる仕組みです。(adobe flashのパッケージも同様な仕組みです。)

Virtualbox上で動いているUbuntu 12.04(Precise)に、まだOracle Javaを入れていなかったので試しに入れてみました。

< インストール方法 >

端末から下記のコマンドで入ります。

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install oracle-jdk7-installer

< 確認方法 >

端末から下記を入力してみて下さい。

java -version

2011/1/19現在では、Java 7の最新バージョンは1.7.0_02(7u2)なので下図のようにでます。

SS-java7-ppa-004.JPG

基本的には、インストールした時にOracleが提供している最新のjavaのバージョンがインストールされるはずなので、javaのバージョンを下記のページなどのOracle-java関連サイトで確認しておいて下さい。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/index.html

プラグインに関しては、下記にアクセスして「Javaバージョンの確認」と書いてある部分を押して少し待ちます。

http://java.com/ja/download/installed.jsp

すると下図の様に出るはずです。

SS-java7-ppa-002.JPG

また、firefoxのアドオンのプラグインページに下記の様に出るはずです。

SS-java7-ppa-001.JPG

上図をみるとJava(TM) Plug-in 1.7.0_02とあるのが分ると思います。ただ、ここにIceTea(Open Java 6のプラグイン)があるので、競合しないか心配ですが、私の所では今のところ大丈夫です。もし問題がありそうならIceTeaの方を無効化ボタンを押せばよいと思います。

ちなみに、/usr/lib/mozlla/pluginsのディレクトリをみると、libjavaplugin.so(Open Java) とlibnpjp2(Oracle Java 7)があります。

SS-java7-ppa-003.JPG

これはどちらもシンボリックリンクで、かつ、両方ともalternativesで切り替えられるようになっています。alternativesを使っているのに別々のリンクを作った理由は、私にはよく分りません。

 

 ←モンスターハンター3G

  モンスターハンター3Gが出た事すっかり忘れてた。
    いつもならすぐに購入している所ですが、
    今は他のことで忙しいのでやる暇がないです。
    それに3DSを購入するお金もない。。


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。