So-net無料ブログ作成
検索選択

【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- CPUクーラー(TRINITY)取り付け編 [コンピュータ全般]

前回の記事『【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- CPUとマザーボード編』ではCPUマザーボードに取り付けて、ケースに組み込む所まで行いました。

今回はCPUクーラーの取り付けです。前回記述した通り、予めマザーボードはケースに付けてあります。(こちらの方が良いだろうと思ったので・・・詳しくは前回の記事を見て下さい。)

それで、今回付けるCPUクーラーは下記。

始めは、 Cooler Master CPUクーラー RR-B10-212P-GP(Hyper 212 Plus) を予定していたのですが、ケースの仕様を読むとクーラーの最大の高さより4.5mmほど大きいので少し小さい(高さ150mm)こちらにしました。

製品の中身は下図。

PC2011_1341.jpg

一番上は中身が入っていた箱。下左側から、CPUクーラー本体、バックパネルやビスなどの付属品、そしてマニュアルです。マニュアルは日本語表記の部分はありません。

PC2011_1346.jpg

というわけで、英語表記の部分を読みながら進めます。(といっても、英語が読めなくても図で分る)

それでは取り付けですが、まずCPUファンの裏側のヒートシンク(いまでもヒートシンクというのかな??、誤解が無いようにCPUとの接触面と言った方がいいかな?)の裏側に足のような部品を取り付けます。

PC2011_1347.jpg

これ、奥側の部品は1つで、手前側(ファン側)の部品は2つです。どの部品もひっくり返しても付きそうなのですが、マニュアルの図をよく見ると(ハングル語で書いてあった写真が一番分りやすかった)、足の部品の膨らんでいる部分(恐らく、足の強度を増すために膨らみを付けているのだと思います。)が上図のように向けて上側になるように取り付けるようです。

上図手前の足はそれぞれ1つづつの部品ですが、これも膨らみがある方が上図の上に来るようにして、逆に足の先の部分にあたるところのL字は上図の下にくるように付けます。前の足の部品は全部で4つ入っていますが、右用2本、左用2本となっています。

ですので取り付けた時は、膨らんでる方がマザーボード側になります。すなわち、取り付けた後に足の部分をみるとへこみが見えることになります。(マザーボード側からは特殊な器具とか使わないとみれませんから・・・)

あと、上図を見た通りですがダイレクトヒートパイプ方式になっています。ちょっと触ってみましたが(本当は触らない方がいいのかも・・)境目が指の感触では分らないくらいです。

次はバックパネルの準備です、先にネジが切ってあるピンのような物を挿しこみます。

PC2011_1359.jpg

この時の注意点が2つあります。(マニュアルにも書いてあります。)上図のように、 真ん中の四角の空いた穴の上にロゴ(たしか「THERMOLAB」と書いてあったと思う。うる覚えですが、裏には何も書いてありません。)が書いてあるほうが上にした時に、ピンが下から上に出るようにします。

もう1つは、バックパネルからピンが出ている部分ですが、ピンが3ヶ所通る構造になっています。ただ、LGA1155なら真ん中です。上図を見ると、各ピンのバックパネルから出ている部分の両脇に少し隙間があるのが分ると思います。

そして、下図のようにゴムのワッシャをピンの上から入れます。

PC2011_1361.jpg

そしたら、マザーボードの背面から差し込みます。が、、、

PC2011_1366.jpg

(/||| ̄▽)/ゲッ!!! 入らない。RC 550のケースだと位置が悪くてダメです。

本来なら、マザーボードを一度外して入れるのですが、先ほど付けたワッシャをピンの先の方にやってしまって、わざとピンをぐらついた状態にして入れてしまいました。結構苦労しました、ですので先にやはり付けておいた方がよかったかも・・・

Pc2011_1368.jpg

このバックパネルを入れる時の注意点ですが、上図の赤矢印の部分がバックパネル側は欠けていて、マザーボード側はネジ山みたいな突起が出ています。これが一致するように差し込みます。

この後、表側にクーラーを取り付ける作業をするのですが、バックパネルを下にすると下に落ち込んでしまいます。(外れはしませんが、作業がやりにくいです。)

ですので、裏面を下図のような養生テープで仮押さえしました。

上記テープは手でちぎれて、粘着性は高い割に剥がした後にノリがほとんど残りません。引越し屋さんがよく使うやつです。仮止めするにはとても便利なテープです。マスキングテープでもいいかもしれません。

それで、いよいよシリコングリスを塗るのですがせっかく買ったので付属のものではなく下記を使いました。

ValueWave シリコングリス 2.0g TG01

ValueWave シリコングリス 2.0g TG01

  • 出版社/メーカー: バリューウェーブ
  • メディア: Personal Computers

これ上記写真では中身は黒っぽいですが、実際に同じ型番で色は白でした。千数百するものではないので付属のものと変わらないかもしれませんが・・・

それで塗ったのが下図です。(ちょっと波模様がでてしまってる・・)

PC2011_1374.jpg

下手とか言われそうですし、シリコングリスの塗り方には色々意見があるようで・・・

ただ、基本的には熱の伝導率を考えると、一般的には

空気  <  シリコングリス <  CPUファンのヒートシンク部分

なので、なるべく薄く空気が入らないようにするのが良いです。もし、CPUファンのヒートシンクとシリコングリスの熱伝導率が同じくらいなら厚く塗っても構わないということになります。ただ、空気を入れないように薄く延ばすのは至難の業なので人によって色々意見があるようです。

私はシリコングリスは延ばします。それで延ばして余った部分は(余分だったら)を取ってしまいます。そこで使ったのが下図。100均で売ってるスクレーパー。

PC2011_1508.jpg

これで、刃がCPUに当たらないというか、シリコングリスの上に軽くのせるくらいで引いて引き伸ばしていきます。そして余ったのが刃にくっ付いてくるので、それを付いていない部分に塗って、また引き伸ばす作業をします。(結構根気がいりますし、結構微妙な力加減が必要です。)それで塗りすぎたものは刃にくっ付いてくるので、取ってしまいます。 くれぐれもCPUを傷つけないように・・・

これは私のやり方で正しいかどうかは分りませんが、いままでもこの方法で特に困った事はおきていません。ただ、かなり神経を使います。

そのあと、ファンを取り付けます。下図は取り付け終わった様子です。

PC2011_1378.jpg

始めに4つのピンのうち、リアファン側の2つに軽くネジを止めておきます。次にそこに、最初の方に示した下図の写真の上側の足を引っ掛けます。(これがコンデンサーが邪魔して結構大変でした)

PC2011_1347.jpg

そのあと、上図の下側の2つをマザーボードのメモリーを挿す側に入れて上からネジ止めします。

あとはまんべんなくネジを締めて行きます。ネジはほとんど最後の方まで閉まりました。 バックパネルにゴムワッシャが入っているからだと思います。

そして忘れないうちに、CPUファンのコネクターをマザーボードに差し込んでCPUクーラーの取り付けはおしまいです。

次の記事はDVDドライブを取り付けてフロントパネルを戻す『【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- DVDドライブ取付けとフロントパネルを元にす編』となっています。


タグ:自作PC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- CPUとマザーボード編 [コンピュータ全般]

前回、『【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- ケース(RC 550)とケースファン組み換え編』でケースの準備ができました。

今回はCPUをマザーボードに組み込んで、ケースに取り付けるまでです。

使用したCPUは下記。

Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K

Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: Personal Computers

それで内容物は下図。

PC2011_1315.jpg

今回使うのは、真ん中のCPUだけ。右側のCPUクーラーは別に購入した物をつかうので使いません。左側の冊子は簡単に開かないようにする為か受験問題用紙のようにテープで止めてありました。冊子の裏に、Intel Core i7のロゴシールが付いてます。

マザーボードの方は下記。

型番の最後のG3はPCI Express3.0対応ということなんですが、CPUが対応していないと意味ないです。それと、パッケージにはどこにも記述がなくて、冊子に紙一枚入っていて「PCI Express3.0対応」と書いてあるだけでした。始めはASUS P8Z68-V PROを考えていたのですが、入手が難しいので(買えるかもしれませんが、マザーだけ別のショップになってしまいます。)こちらにしました。結果的に、PCIex16が1つ無い代わりにPCIスロットがこちらの方が1つ多いので、こちらのマザーの方が構成的には良かったです。

マザーの中身は下記。

PC2011_1307.jpg

上側左から、Intel Rapid Storage Technology(IRST)の説明書(英語だったような)、取り付け作業手順書、バックパネル、SLIケーブル、SATA3ケーブル合計4本、ステッカー。

下側左から、マニュアル、ドライバー&ユーティリティCD、CDの下側にあるのがSocket 1156出は使えませんという注意書き、そしてマザーボード本体。

SATAケーブル4本ですが、このうち2本は片方が下向きにコネクタが曲がっている下図のタイプです。それで全て50cmの長さです。

PC2011_1504.jpg

 

それで、実際の作業です。

まずマザーボードにCPUを取り付けました。自作経験のある方にはCPUの取り付けは説明するまでも無いかもしれませんが、一応記述しておきます。

下図のようにCPUを止める金具を開きます。

PC2011_1321.jpg

この時に、下図のほぼカバーが付いているので外します。(返品したりする際はこれを付けないとダメと書いてるので無くさないほうがよいと思います。)

PC2011_1502.jpg

それでCPUを乗っけます。

Pc2011_1323.jpg

上図の赤の印の所に切れ目があるので合わせます、左下に金色の三角印がきます。(これはマザーによっては向きは違う可能性はあります。)

後は、下図のようにCPU手前にある赤矢印をつけたネジに引っかけて、緑色の部分にレバーを掛ければ取り付け自体はおしまいです。

Pc2011_1325.jpg

このあと、マザーボードをケースに組み込むのですが・・・リテール版のCPUクーラーを付けるなら先にやってしまった方がよいと思います。

なぜ、私はCPUクーラーをマザーボードに取り付け無いでケースに組み込んだかというと、CPUクーラーが大型で下記の事を思ったからです。

・CPUクーラーを取り付ける際に、マザーボードがしっかり固定されてないと不安定かなと思った。

・CPUクーラーを取り付けてしまってから、マザーボードをケースに取り付けるとなると作業がしにくそうだった。

・以前、兜クーラーを取り付けた際に取り付けてから入れたら苦労した。(参考:『兜クーラー(KABUTO SCKBT-1000)取り付け』)※蛇足ですが、今のPCに兜クーラーが付いていて約2年くらい使ってますが、いつもCPU温度が40度、コア温度は50度くらいで安定してます。

でも、結果的には先に取り付けた方が良かったみたいです。少々マザーボードをケースに取り付けるのに苦労しても、もっと面倒なCPUクーラーを裏側から支えるバックプレートが簡単に入らないという苦労が待ってました。(これは次回の記事で)

というわけで、マザーボードをケースに組み込むわけですが、まずはスペーサーを取り付けます。

Pc2011_1332.jpg

上図右下隅の金色のがスペーサーです。それで、ドライバーの先に(赤矢印の部分)にスペーサーをドライバーで回せるカップラーのような器具がケースに付属していました。これは便利。ただ、前回も記述しましたが、今回のマザーボードは9ヶ所スペーサーを止める部分があるのですが、ケースに9本しか付属していないので無くさないように。

それと、私の手が手袋をしているのが分ると思います。

上記とは違いますが、このような使い捨てのゴム状の極薄手袋(「ラテックス 使い捨て手袋」とかで検索すると出てきます)です。本記事のCPU及びマザーボードを取り付ける作業工程は全てこのような手袋をしていました。端子がむき出しの物はこういう手袋をして静電気が起きないようにするためです。庭の手入れ用に家にあったので、都合が良かったです。メモリを取り付ける際は使わなかったけど・・・

そして、マザーボードをケースに組み込みます。まずは、バックパネルをケースに付けます。

PC2011_1311.jpg

※実際には、もっと前に付けていました。マザーボードを組み込む前までに付けておけばOKです。

そしてマザーボードをネジ止め。

Pc2011_1336.jpg

上記の矢印の部分にネジがあって止めるのですが、今までの経験上、

赤矢印をまず仮止めして→緑矢印の部分をマザーボードを上図の左側に横から押しながら仮止め→黄色を仮止め→青を仮止め→後は白い矢印の部分を適当に全て仮止め→各ネジを締めつける(なるべく対角状に締めていく)→もう一度、各ネジが緩んでないか確認して、必要なら増し締め。

という工程が楽なように思います。これでCPUを取り付けて、マザーボードをケースに組み込めました。

次の記事は『【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- CPUクーラー(TRINITY)取り付け編』です。


タグ:自作PC
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- ケース(RC 550)とケースファン組み換え編 [コンピュータ全般]

前回の記事『【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- コンセプト&部品選択編』記述した部品を購入した後に、組み立てにはいりました。

まずはケースをばらして、ケースファンの組み換えを行いました。

ケースは下記。

外観や細かい部分以外は、上記をクリックしてアマゾン写真を見てもらった方が綺麗で分りやすいです。フロントパネルの電源スイッチ部分の写真は下図です。

PC2011_1214.jpg

右から、電源スイッチ、 リセットスイッチ、HDDランプ、SDカードスロット、USB2.0、マイクジャック、イヤホンジャック、USB3.0となっています。

それで、標準では12cm角の同じファンがフロントとリアについているのですが、フロントに2つ12cm角をつけられます。 そこで、リアのファンを外して、フロントに2つ持っていってリアに購入した下記のファンを取り付けることにしました。

アイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 究極静音タイプ CFZ-120L

アイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 究極静音タイプ CFZ-120L

  • 出版社/メーカー: AINEX
  • メディア: Personal Computers

というわけで、ケースを解体。まず、前の扉をあけると下図です。

PC2011_1218.jpg

一番したの5インチベイには、HDDを挿しこんで使えるドックになっています。(もちろん、電源とSATAの配線をしなければなりませんが・・・)

その下がフィルターになっていて、ドックの下にあるレバーをちょっと押さえると外れます。外した物が下図です。

PC2011_1223.jpg

※後でも記述しましたが、この時点で(つまりフロントパネルを外さずに)フロントファンを取り替えることが出来るかもしれません。

それで、本記事の始めのほうでフロントベイのスイッチ類を説明しましたが、これがフロントパネルに付いているのです。ケース内部からフロントパネル側を撮ったものが下図です。

PC2011_1242.jpg

フロントパネルを外す時は、この配線を送り出しながら外します。またフロントパネルは下図の赤い矢印が付いた部分が止めてある所で、片側に3つ、反対側にも3つ、合計6つあります。

Pc2011_1246.jpg

この1つを拡大すると下図で、上下につまんで押しだします。

PC2011_1251.jpg

どんなケースでもこんな感じですが、挿しこんで半回転すれば止まるとか出来ないのかな??

これでフロントパネルが外れると思ったら・・フロントパネルと本体でアースがとってありました。(下図)

Pc2011_1253.jpg

始めは気が付かずに、なんで取れてるのにコードがぬけないかな~と思ったら、このアースが原因でした。

実は、マニュアルにフロントパネルの外し方が載っていません。それなのに、マニュアルに載っているファンを取り付ける図はフロントパネルが無しなのです。ちょっと不親切。

外した物が下図です。

PC2011_1256.jpg

一番上の5インチベイにDVDドライブをいれるので、ベイのパネルを外しておきました。外すのはパネル両脇にある引っかかってる爪を取ろうとするより、ベイのパネルが柔らかいので真ん中を内側から押してあげれば簡単に外れます。

後でちょっと困った事になったのですが、フロントのUSB3.0(一番右側)のコードをロックタイで止めてあります。上図をクリックして大きくすると分りますが、一番上の5インチベイの右上隅の部分のものです。このロックタイの頭の部分が5インチベイの方にはみ出していて、DVDドライブが始め上手くはいりませんでした。この頭の部分が問題だと分って、少し回転させて干渉しないようにしました。

そして、フロントパネルを外した後に、真ん中の3.5インチベイが今の所必要ないので外しました。それが下図です。

PC2011_1269.jpg

外し方は、マニュアルに図付きで書いてありますし、分りやすいのでここでは説明省略です。ネジ4本外せば外れます。

それより上図をみると分るかもしれませんが、12cm角のファンを上図のファンの下に取り付けます。が、、どうやっても上のファンを外さないと入りません。 と、いうわけで上図についているファンを外しました。

PC2011_1209.jpg

外したファンがこれ。リアも同じ型番です。12cm角(スリーブなし)、800rpm、12V, 0.1A (つまり1.2w)です。実はこれが最後になって、低速なのが原因で問題を起こしてくれました。その事は後日記述したいと思います。

それで、いざリアのファンを外して(ネジ4本回すだけで簡単にはずれるので外し方の説明は省略です)、付けようとケースの付属品を漁ったら。。防振ワッシャが出てきた・・・

PC2011_1281.jpg

左側が付属のもので、右側は私が以前使った余りで必要になったら使おうと思って用意した物です。

せっかくなので、付属の防振ワッシャをはめて取り付けました。

PC2011_1286.jpg

これで、再びフロントパネルを取り付けます。※2011/12/5 訂正 あとで、DVDドライブを取り付ける為、この時にはフロントパネルは付けませんでした。

フロントパネルをはめる時には外した逆をやればよいので問題はありませんが、アース線を付け忘れないようにして下さい。(でも、あのアース線は塗料が絶縁してしまって効いてないような感じがする)

あとは、リアに購入したCFZ-120Lを取り付けるだけです。

PC2011_1292.jpg

左側は以前にファンを取り付けた時(『Ainex MA-023でのファン固定』)につかった下記です。

アイネックス 防振ブッシュ(ファン固定用) MA-023

アイネックス 防振ブッシュ(ファン固定用) MA-023

  • 出版社/メーカー: AINEX
  • メディア: Personal Computers

以前使って、結構気に入っていたので今回も使いましたが・・・、一ヶ所ほとんど手が入らないような所で滅茶苦茶苦労しました。細い棒ヤスリのようなものを、ファンの穴から入れて、それと人差し指で引っ張りました。(引っ張るスペースが無い場合には上記商品は苦労が多すぎます。)

それで何とか付けました。

PC2011_1305.jpg

ただ、ちょっと失敗しました。というのは、購入したマザーボードのシステムファンの電源を取る部分がケースの上側に来るのです。ですので、ファンからでる電源ケーブルをケースの上の方に出した方が良かったです。

意外と今までのケースより変更を加えるのが面倒でした。全部12cm角だったからと、フロントパネルを外すのが大変だったからです。 あとで気が付いたのですが、マニュアルにフロントパネルを外してフロントファンを付け替える図が載っていたので今回の手順で行ったのですが、どうもフロントのフィルターを外すだけでフロントファンを取り替えられそうです。(試していませんが・・・)

下記の次の記事でCPUをマザーボードに付けて、ケースに組み込みました。

【自作PC】静音&品質重視型スタンダードパソコン組み立て -- CPUとマザーボード編

 

< このケース RC 550 の感想 >

・埃に対しては強そうなケースだと思いました。もちろん静音性も良さそうだし、フロントアクセスやパワースイッチなどが上にあるのも使いやすいと思います。

・私の持っている今のケース(恐らく5000円程度で買えるもの)よりは、スチールの厚みとかは良いです。ただ、クリアランスはもうちょっと良い物を期待しました。

・各ファンの吸い込み口にフィルターがあり、取り外し易いのは良いと思います。

・付属品に、ロックタイ(私の場合は数が足りませんが)やマザーボードのスペーサーを取り付ける為の器具があるのは便利だと思いました。

・マザーボードのスペーサーが9本付属していて、今回全部使い。マザーボードと電源用のネジが全部で13本付属していて全部使いました。予備が少しくらいあってもいいかなと思いました。まだネジの予備はなんとかなりますが、スペーサーの予備がないのはちょっと・・・

・配線をパックパネル側に回せるのですが、私の買った電源のサイズやケーブルの太さのためか、もう少し電源脇の穴が大きかったら良かったです。

・防振ワッシャが付属しているのに始めから付いているファンに取り付けてないのは不思議でした。

・マザーに配線する時の記事にも書こうと思っているのですが、HDDランプのケーブルにプラス/マイナスの表記がありません。 その他のスイッチ類もありません。(なくても困りませんが・・)ただ、パワーLEDは表記があります。

・これが一番不思議なのですが、私は始め下記のCPUクーラーを購入するつもりでした。

Cooler Master CPUクーラー RR-B10-212P-GP(Hyper 212 Plus)

Cooler Master CPUクーラー RR-B10-212P-GP(Hyper 212 Plus)

  • 出版社/メーカー: CoolerMaster
  • メディア: Personal Computers

これの高さが158.5mm なのですが、RC 550に入る最大のCPUクーラーの高さがマニュアルに154mmと記述してありました。下記のページの仕様欄に記述してあります。

http://www.coolermaster.co.jp/product.php?product_id=6704

4.5mmたりません。同じクーラーマスターの製品なのに入らない物を作るなんて・・・??でも、パネルのスポンジを切り取れば入るのかな??


タグ:自作PC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。