So-net無料ブログ作成

国際宇宙ステーション(ISS)の位置と観測できる時間を調べられるサイト。(Astor IIS. Viewer) [コンピュータ全般]

たまたま、ネット上をフラフラしていたら、下記のページを見つけました。

Astor ISS. Viewer

SS-IIS-001.JPG

この地図の✛印のある所がIISの場所で、IISの動きに合わせて地図の方が動いていきます。

元ネタは、下記の記事です。

http://www.howtogeek.com/96866/find-out-when-the-international-space-station-is-visible-from-your-locale/

それで、下の方にスクロールすると下図が出ます。

SS-IIS-002.JPG

こちらもIISの動きに合わせて、 地図が動きます。

次に、どの時間に観測できるか調べる方法ですが、「Home」と書いてあるとなりの「Observation」を押すと、下図のページになるはずです。

SS-IIS-003.JPG

初めて開くと、場所が「New York City」になっているはず(うる覚えです)ですので、上図のカーソルがある場所の「Change Location」を押します。すると下図のようになるので、地図を動かして観測したい位置に持っていきます。下記はその一例です。

SS-IIS-004.JPG

そして、地図の左側に入力できる場所があるので、場所の名前を英数字で入れます。(場所の名前でなくても、任意の文字列で大丈夫だと思います。それと日本語はダメです。)

そして上図のカーソルがある場所の「apply new location」を押します。すると、観測したい位置の情報が出ます。水色の部分に「日付」「見え始める時刻」「見え終わる時刻」「見えてる時間」「世界標準時からの時差」「明るさ」最後に携帯の電波の強さを示すようなアイコンで、「見える度合い」となってます。それが6回分表示されます。

SS-IIS-005.JPG

これだけでは、どこをどのように通るか分らないので、カーソルを上図のように左側のアイコンの所に持っていきます。 そうすると、アイコンの矢印が下を向きます。そこでクリックすると下図のようになります。

SS-IIS-006.JPG

これでどこを通っているか分ります。

観測する際は参考にしてはいかがですか?

それと、このサイトのGadgetの所でホームページやブログに埋め込むコードを得る事が出来ます。埋め込むと下図のようになります。

 

 ←望遠鏡

    入門機としていいらしい。

    それより、2012年5月21日に
    金環日食がみられるのですね。
    それも東京や大阪の大都市のところで・・・
    初めて知りました。
    でも、私の住んでいる所は外れている・・・

 


タグ:宇宙 ISS サイト
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。