So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.10】CompizConfig Settings Manager(CCSM)のProfile listの文字化け対処方法(具体的手順) [ubuntu]

以前にも書きましたが、CompizConfig設定マネージャーで「設定」→「プロファイル」押すと文字化けします。

参考記事:『【Ubuntu 11.10】Compiz Comfig設定マネージャーのプロファイル選択が出来ない問題の対処 --- Compiz Desktop Cubeも動くようになった

SS-ccsm-bug1-001.JPG

これ、参考記事の日付を見てもらうと、Ubuntu 11.10(Oneiric)がリリースされる直前です。それで、誰も困っていないのかな~と思っていたら、リリース直後に下記で直し始めました。

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/compizconfig-python/+bug/874799

ところが、2週間近く経ってもまだリリースしてくれません。その間に、Bug #880679, Bug #876709, と関連するバグ報告が出ています。やはり困ってる方いました。

というわけで、参考記事では簡単に対処方法を書きましたが、詳しく書こうと思います。どのようなバグかは参考記事の方が詳しいです。

 

<< 対処方法 >>

1) ビルド環境を整える。

下記のコマンドを端末から入力して下さい。

sudo apt-get install devscripts debhelper build-essential

sudo apt-get build-dep compizconfig-python

2) ソースコードを持ってくる。

まず、適当なワーキングディレクトリを作り、そこへ移動します。

mkdir ccsm-python

cd ccsm-python

ソースコードを持ってきます。

apt-get source compizconfig-python

3) パッチファイルを作ります。

gedit ccsm-python.patch #エディターはお好きな物を・・

ここで、 下記の枠の中をコピーして、開いているエディターに貼り付けます。

貼り付け終わったらセーブします。

4) パッチを適応する。

cd compizconfig-python-0.9.5.94

patch -p1 < ../ccsm-python.patch

正常にパッチが適応できたら「patching file src/compizconfig.pyx」というメッセージがでてプロンプトに戻ります。

5) ビルド

debuild -us -uc -b

と入力してしばらく待ちます。色々、メッセージがでます。

最後の方で下記のメッセージがでてプロンプトに戻ればビルド成功。

dpkg-deb: `../python-compizconfig_0.9.5.94-0ubuntu2_i386.deb' にパッケージ `python-compizconfig' を構築しています。
 dpkg-genchanges -b >../compizconfig-python_0.9.5.94-0ubuntu2_i386.changes
dpkg-genchanges: binary-only upload - not including any source code
 dpkg-source --after-build compizconfig-python-0.9.5.94
dpkg-buildpackage: binary only upload (no source included)
Now running lintian...
W: python-compizconfig: wrong-section-according-to-package-name python-compizconfig => python
Finished running lintian.

※もし、途中でErrorとか出たら失敗。参考記事でも書きましたが、別途、何らかのパッケージが必要な可能性があります。(パッケージが必要だったかも忘れてしまいました。本来sudo apt-get build-dep compizconfig-pythonのコマンドで全て揃っていないとおかしいのですが・・・)

6) インストール

cd ..

dpkg -x python-compizconfig_0.9.5.94-0ubuntu2_i386.deb foo

cd foo/usr/lib/python2.6/dist-packages

sudo cp compizconfig.so /usr/lib/python2.6/dist-packages/.

cd ../../python2.7/dist-packages/

sudo cp compizconfig.so /usr/lib/python2.7/dist-packages/.

これで終わりです。

念の為、一度再起動して下さい。(多分必要ないけど・・)

それで、CompizConfig設定マネージャーを起動してプロファイルのメニューを出すと下図のようになります。 

SS-ccsm-bug1-002.JPG

7) 不要になった作業ディレクトリの削除

きちんと修正された事が確認できたら、ビルドするのに作成した作業ディレクトリやソースコードは不要なので削除しても良いです。

削除するには、作業ディレクトリの1つ上のディレクトリに行って(ほとんどの方はホームディレクトリだと思います)下記のコマンド。

rm -rf ccsm-python

 

<< リカバリー方法 >>

もし、この対処で問題が出て元に戻したい時は下記を端末から入力して下さい。

sudo apt-get install python-compizconfig

元に戻ります。

 

 ←年賀状素材集

   毎年、年賀状を書く季節になると
   こういった本を購入してます。
   このシリーズも何度か購入してます。
   それはいいのですが、2011/10/28現在
   アマゾンでプリンタの値段を確認したら
   えらく上がってる。それに売り切れ続出。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。