So-net無料ブログ作成

【Ubuntu】Live CDやUSBからのchroot方法 (メモ) [ubuntu]

以前の記事『【Ubuntu 11.10】Gnome Classic(古いタイプのデスクトップ画面、正確にはちょっと違う)でCompizを使用する。』の関連で、下記サイトを見つけました。

http://www.tuxgarage.com/

このサイトにLive CDやUSBからのchrootの方法(下記URL)が載っていたので、起動しなくなった時の事を考えて、自分の為にメモをして記述しておきたいと思います。 なので、この方法はまだ実際には試していません。

元ネタ:

http://www.tuxgarage.com/2011/07/creating-chroot-ubuntu.html

 

<< chroot方法 >>

1) Live CD/USBから起動

普通にLive CD/USBから起動します。

2) chroot先のデバイスを探す。

chroot先のデバイス(大抵、起動できなくなったUbuntuが入っていたパーティション)を下記のコマンドで見つけます。

sudo fdisk -l

複数UbuntuなどのLinuxディストリビューションを入れた方は、どこに入れたか確認程度のはずです。

1つだけなら、Linuxと書いてあるパーティションです。

/dev/sdXY の部分を覚えておきます。

3) chroot

下記のコマンドを入力していきます。

sudo mkdir /mnt/temp
sudo mount /dev/sdXY /mnt/temp
for i in /dev /dev/pts /proc /sys; do sudo mount -B $i /mnt/temp$i; done
sudo cp /etc/resolv.conf /mnt/temp/etc/resolv.conf
sudo chroot /mnt/temp

/dev/sdXYの部分は 2)で覚えておいたものを使います。

上記の例ではマウントポイントを/mnt/tempにしていますが、別でもかまわないはずです。変える時は、それに合わせて、上記のコマンド群の/mnt/tempも変更して下さい。

4) chroot先で操作

root@ubuntu:/#

となったはずですので、後は必要な処置をして下さい。

例えば、MBRを壊してしまった時には、

sudo grub-install /dev/sdX

とか・・・(この /dev/sdX と前述の/dev/sdXYは、同じ場合もありますし、違う場合もあります。各自の環境によって違いますので、ハードディスクのどこにMBRを入れるのか、しっかり理解した上で決めて下さい。)

あと、下記のコマンドとかが考えられます。

sudo apt-get install --reinstall <パッケージ名>

5) chroot環境から抜ける

exit コマンドで抜けます。

その後、マウントを外す為に、下記を入力します。

for i in /dev/pts /dev /proc /sys; do sudo umount /mnt/temp$i ; done

後は、Live CD/USBで続きをするなり、終了するなりして下さい。

 

 ←デジタル卓上メモ

   やはりこういう製品あったか・・・
   私の場合、ポストイットでメモを取って張り付けて、
   いつの間にか無くなってメモの役目を果たさない。
   でも、これなら・・・と思いましたが、
   ポストイットみたいに、本の間とかに張り付けられない。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る