So-net無料ブログ作成
検索選択

【ヨット】別府ゆけむりヨットレース2011 (6) [日記]

2011/10/9に別府ヨットレースがあって参加してきました。

いきなり(6)と記述してありますが、(1)~(5)は私たちのヨットの広報官をされている reikoさん のブログを見てください。

湯けむりヨットレース(1) 行きの 回航 その1

湯けむりヨットレース (2) 行きの回航 その2

湯けむりヨットレース(3) レースその1

湯けむりヨットレース (4) レースその2

湯けむりヨットレース (5) レースが終わって

私なりにちょっと付け加えると、 『湯けむりヨットレース (4) レースその2』の記事の最初の方で記述されているように、序盤はある程度良い位置にいたのですが、だんだんと風向きが私たちに不利に・・・・

それもあって、上マーク(第一マーク)を回るときは、真ん中くらいの順位でした。

ちなみに、風向きが不利になったあたりで、タックを入れたときにヘッドセイルを135%ジェノアから108%のレギュラージブにチェンジしています。

あとは、reikoさんの記事の通りです。

それで、『湯けむりヨットレース (5) レースが終わって』の記事の最後にあるように、reikoさんと甲板長の2人とは分かれて、帰りの回航は私と大師匠、コック長(オーナー)の3人で行いました。(甲板長とか大師匠とかはあだ名です)

それで、reikoさんたちとレセプション会場「ヒットバレード」で別れて、21時ころヨットにもどって、今度は別の船で宴会。

私は、眠くなったので23時過ぎに自分たちのヨットに戻って仮眠を取ろうとしました。そろそろ眠りそうと思ったころ・・・いきなり、ドスン。という音がして、すぐにエンジンがかかりました。 さすがに寝てられません。

「そろそろでるよ~」と言うことで、ちょうど10/10になった頃に帰路につきました。

ところが、出港してまだ別府の明かりが見えてるときに、大師匠が船を漕ぎ始めました。オーナーが「キャビンの中で休まれたら?」と言う提案に、大師匠は「多分途中では起きない」と言って寝てしまいました。

私とオーナーの2人になって、別府湾をでるころ・・・・

( ((-。-) ))ブルブル...寒い。

やはり秋ですね。夜は寒いです。その後、厚着をしてなんとか午前4時半くらいまでは頑張ったのですが、寒さは我慢できても、

( ・д⊂ヽ゛ 眠い。

とうとうダメだということで、大師匠を起こしてオーナーは睡眠を取りにキャビンに入って行きました。

私は、船の燃料(軽油)をポリタンクから給油してから、寝に行きました。その後は、大師匠一人におまかせ。

 

次に私が起きたのは、なんと私たちの船を保管しているマリーナの200mくらい手前・・・なんてタイミング。オーナーはまだしっかり寝てました。

たまたま、着いた時間がよかったのか、 マリーナの人がやってきて上げられると言うのです。(私たちの船は陸置きしているので、マリーナの営業時間内はクレーンで陸に上げてもらっています)

オーナーはクレーンで釣り上げられる直前まで寝てました。

今回は何事もなく無事到着しました。毎回、レースに行くと船のどこか破損するのですが、今回は給油口の上にもう1つ蓋がついているのですが、その取っ手が壊れたくらいです。

次回は「第3回 マリンピア武蔵 オータムレガッタ」に出場する予定です。

 

 ←ヨット レーシングタクティクス

   ヨットって戦術も重要なことの1つなんですよね~
   今は先輩方に教わってるけど、
   自分なりに勉強しないと・・・・
   でも、ヨットレースの戦術って相手を不利にすること
   なんですよね。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。