So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.10】Ubuntu 11.10 リリース版をインストールした後にやっておくこと [ubuntu]

Ubuntu 11.10 (Oneiric Ocelot)が2011/10/13にリリースされました。

インストールだけしたデフォルト状態では何かと使いにくいと思います。なので、下記のようなインストール後にやっておくことをまとめた記事がでています。

OMG!Ubuntu :

http://www.omgubuntu.co.uk/2011/10/10-things-to-do-after-installing-ubuntu-11-10/

WEB UPD8 :

http://www.webupd8.org/2011/10/things-to-tweak-after-installing-ubuntu.html

上記は英語ですし、日本語環境固有の物もありますので、私なりにまとめてみました。

基本的に順番に行って下さい。

 

1) ネットワークを使える状態にする。(必須)

有線LANなら差し込むだけで大抵大丈夫だと思います。そもそも、インストール時点でネットワークに接続しているわけですから・・・

ただ、無線LANの方は別途設定が必要です。各自の環境(使用しているデバイス)が違うと思いますので、調べて使える状態にして下さい。

 

2) 最新状態にする。(必須)

アップデートマネージャー又は下記のコマンドで最新の状態にして下さい。

sudo apt-get update

sudo apt-get dist-upgrade

 

3) ホームディレクトリ以下のディレクトリ名を日本語から英語にする。(オプション)

これは、シェルを多用する方で英語が苦手でない方のみ行って下さい。

シェルを使用していて途中のディレクトリ名が日本語だと使いにくいですので、下記のコマンドで英語にすれば便利です。

$LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

そうするとウインドウが開きますので、「UpdateName」を押して下さい。「画像」「音楽」などのディレクトリ名が英語になります。

この作業をしても、たまに何かのアップデートの機会に前述のウインドウが開いて日本語化しようとすることがあります。

 

4) Synapticパッケージマネージャーのインストール (強く推奨)

Ubuntu 11.10からSynapticパッケージマネージャーが無くなくなりました。(1つ前の記事でも書きました)

ですので、下記のコマンドで入れて下さい。

sudo apt-get install synaptic

 

5) gnome-tweak-tool とdconf-editor (推奨)

こちらも、1つ前の記事で記述しましたが、テーマの変更や環境の設定とかにgnome-tweak-toolとdconf-editorはよく使います。gconfも一部残っていて、gconf-editorも使用します。ですので、下記のコマンドで入れることを推奨します。

sudo apt-get install gnome-tweak-tool dconf-tools gconf-editor

 

6) CompizConfig設定マネージャー (オプション)

Compizの動作を変更する場合にはCompizConfig設定マネージャーが必要ですので、下記でインストールして下さい。

sudo apt-get install compizconfig-settings-manager

 

7) Adobe Flash Player(ブラウザで動画を見る人必須)

Youtubeなどの動画サイトを閲覧する為には、Adobe Flash Playerが必須となります。(Google Chromeで見る場合は始めから入っている)ですので、下記でインストールして下さい。

sudo apt-get install flashplugin-installer

 

8) Gnome Shell (オプション)

Ubuntu 11.10 から、Gnome Shellと併用して使用できるようになりました。

Gnome Shellは下記でインストールできます。

sudo apt-get install gnome-shell

一度再起動して、ログイン時にセッションを選ぶメニューに「GNOME」が増えていると思います。これを選んでログインするとGnome Shellが立ち上がります。

 

9) Gnome Classic セッション (Gnome-Shellを入れた人は必須、その他はオプション)

古いタイプのGNOME環境です。Gnome-Shellのfall-back(Gnome-Shellが起動できなかった場合の環境)にもなっています。下記でインストールできます。

sudo apt-get install gnome-session-fallback

 

10) プロプライエタリ版ドライバ(オプション)

マシンによって上手く動くか全部調べることは不可能なので、各自で試してみて下さい。

私はATIなのですが、Catalyst 11.9ではいまいちでした。

 

11) プリンタ及びスキャナーの設定(必要なら)

プリンタを接続して電源を入れていると、右上のセッションメニュー(ログアウトとかシャットダウンとかのメニュー)に「プリンタ」と「スキャナー」という項目があるはずです。

後は、「プリンタ」を選べば、プリンタの機種リストが出てくるので、自分の機種を選んで「OK」を押すだけで使えるようになります。「スキャナ」も同様です。

ただ、私の場合はMP610を使用しているのですが、印字が薄かったです。スキャナの方はまだ試していません。

---- 2011/10/19追記 ----

印字が薄い問題が解決しました。同じ現象の方は下記を参考に試してみてください。直るかもしれません。

【Ubuntu 11.10】プリンターで印刷した文字が薄い現象の対処。

それと、スキャナーも試してみたら動きました。

---- 2011/10/19追記終わり ----

 

12) 各種アプリケーションのインストール(オプション)

デフォルトで入っていないアプリケーションで、必要な物を入れて下さい。私の場合は、下記のようなもの(下記はほんの一部)を入れています。

・GIMP (ペイントソフト)

・Inkscape (ドローソフト)

・gftp (FTPクライアント)

上記は、公式のリポジトリから下記のコマンドで入ります。

sudo apt-get install gimp inkscape gftp

この他にもソフトウェアセンターで色々見つけてみて下さい。意外と、アーカイバー(.7形式)とか入っていなかったりします。

 

13) ブックマークのインポート (オプション)

必要なら、ブックマークをインポートしてください。Firefoxなら、Firefox Syncで入れる事も出来ます。

 

14) メーラーの設定

メールの設定は各自違いますので、プロバイダの設定情報などを参考に入れて下さい。Thunderbirdなら大抵設定の仕方が載っているはずです。

 

16) Ubuntu OneやDropbox (オプション)

クラウドストレージのUbuntu OneやDropboxを使用する方はインストール及び設定して下さい。Ubuntu Oneは始めから入っています。 Dropboxは下記のコマンドで入ります。

sudo apt-get install nautilus-dropbox

設定方法はUbuntu Oneは下記。

https://one.ubuntu.com/help/tutorial/install-and-setup-ubuntu-one/ (英語)

Dropboxは説明しているサイトが沢山あるので省略します。

 

17) 端末(command line)を使いやすくする (オプション)

Homeディレクトリに.bash_aliasesというファイルを作って、エイリアスを記述しておきます。このファイルは自動的にエイリアスファイルと認識してくれます。

Homeディレクトリの直下に bin ディレクトリを作成します。このbinディレクトリは一度再起動すれば自動的にPATHが通るので、自分で作成したスクリプトなどを実行権限を付けて入れれば、PATH指定無しで実行できます。

 

18) デスクトップをカスタマイズする。(オプション)

背景やUnityパネルを自分にあった(見やすいもの)に変更して下さい。

これには、簡単に出来るものから、かなり面倒なものまであります。説明を記述すると長くなるので、説明は省略します。検索して探したり、私の他の記事を参考に変えてみて下さい。ただし、Ubuntuのサポート外となる場合がほとんどです。

 

<< その他、私が個的に入れているもの>>

・devilspie -- アプリ起動時の振る舞い(ウインドウの位置やサイズ、最大化、最小化)を設定するアプリ

・Eclipse -- プログラミング統合環境

・Java 7 SDK -- Oracle (旧Sun)のJava SDK(ツールキット)及びJRE(ランタイムライブラリ)

・Android SDK -- Androidのツールキット

・Gnome-Pie -- カーソル位置で起動するランチャー

・Cardapio -- Gnome Shell 用プルダウンメニュー型ランチャー

・Gnome Shell Global Menu -- Gnome Shell用グローバルメニュー

・journal-extension -- Gnome Shell用zietgeistエクステンション

・Simple Lightdm Manager --ログイン画面の背景とロゴを変更するツール

・byobu -- 端末拡張機能

・emerald -- metacityの代わりのwindows decorator (あまり使用していない)

・ppa-purge -- 不要になったPPAを整合をたもちながらリポジトリから外す。

・コンパイル環境 -- gcc , autoconf ,automake, debuild など

 

 ←3.5内蔵HDD 2T

    最近、ディスクを圧迫し始めてる。
    新しいハードディスクが必要かな~
    それとも、ブルーレイドライブ買って
    外に追い出すか・・・
    いずれにせよ、何とかしなきゃ。


nice!(1)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。