So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.10】ログイン画面(unity-greeter)が0.0.8にアップデートされて文字化けが直った。ただし・・ [ubuntu]

2011/9/15にログイン画面(unity-greeter)が0.0.8になって日本語の文字化けが直りました。

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/unity-greeter/+bug/840868

それで、これのDuplicateバグの下記ですが、

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/unity-greeter/+bug/845838

なんと、私のブログの翻訳をされた方がいらっしゃいました。私は英語が苦手なので、ビックリです。英語で書くととどうなるか、参考になりました。Cheng-Chia Tsengさん、ありがとうございます。

おかげ様でちゃんと動いているのですが・・・

Gest Accountとなっていた所がGuest Sessionに変わってしまったので、翻訳が追い付いていません。

SS-unity-greeter-bug-005.JPG

 

<< 直し方 >>

翻訳されている方がすぐに気付くでしょうから、少し待っていれば直ると思います。

ただ、翻訳ファイルの理解する為に直してみるのも良いかと思います。

1) 日本語翻訳パッケージのダウンロード

適当なディレクトリを作って、そこに移動します。そこで下記を入力。

apt-get source language-pack-gnome-ja

2) 編集

cd language-pack-gnome-ja-11.10+20110905/data/ja/LC_MESSAGES

vi unity-greeter.po

31行目と32行目が下記になっていると思います。

msgid "Guest Account"
msgstr "ゲスト アカウント"

これを下記に直してセーブします。

msgid "Guest Session"
msgstr "ゲスト セッション"

※ついでに一行上のコメント行も実際の行に合わせて、

#: ../src/unity-greeter.vala:123 ../src/unity-greeter.vala:148

としておいた方が良いと思います。

3) コンパイル

下記のコマンドでコンパイルします。

msgfmt -o unity-greeter.mo unity-greeter.po

4) インストール

念の為、下記のコマンドで退避。

sudo mv /usr/share/locale-langpack/ja/LC_MESSAGES/unity-greeter.mo /usr/share/locale-langpack/ja/LC_MESSAGES/unity-greeter.mo.org

そしてコピーします。

sudo  cp unity-greeter.mo /usr/share/locale-langpack/ja/LC_MESSAGES/

これで、ログアウトすると下図になります。

SS-unity-greeter-bug-007.JPG

これで日本語化出来ました。

もう1つ、下図の枠をはみ出すバグが残ってますが・・・どうするんだろう??文字数減らすのかな??

SS-unity-greeter-bug-006.JPG

 

<< おまけ >>

Unity-Greeterを作成しているRobert Ancellさん、他にも面白いGreeterを作ってます。

https://plus.google.com/u/0/106527694663794732344/posts

https://launchpad.net/~lightdm-team/+archive/crowd-greeter

インストールして動かしてみました。

SS-crowd-greeter-001.JPG

人形がトコトコ歩き回ります。

クリックすると人形が立ち止まってパスワードが入れられる状態になります。

SS-crowd-greeter-002.JPG

そしてエンターキーを押せばログインできます。セッションを切り替えるメニューはまだ無いみたいですが・・・

インストールは下記のコマンドで行います。

sudo add-apt-repository ppa:lightdm-team/crowd-greeter

sudo apt-get update

sudo apt-get install crowd-greeter

sudo /usr/lib/lightdm/lightdm-set-defaults -g crowd-greeter

あとは再起動すれば使えます。

unity-greeterに戻したければ、下記のコマンドを入力したあと再起動して下さい。

sudo /usr/lib/lightdm/lightdm-set-defaults -g unity-greeter

 

 ←REGZA 37 Z2

    今日(2011/9/16)に友達がこれ買ったという、
    連絡がありました。
    地デジが終了したころよりは、それなりに
    値段が下がってきていますね。
    ちなみに私が持っているのは1つ古い
    REGZA 37 Z1 です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【ヨット】徹太郎杯2011(2011/9/11) に参加しました。結果はノーレース。 [日記]

2011/9/11(日曜日)に開催された徹太郎杯2011に参加してきました。

結果は、ノーレース。

ヨットレースに参加し始めて、ノーレースになったのは初めての経験です。

 

<< 回航行き >>

周南市を出発したのが9/10の22:20ぐらい。今回のメンバーは前回同様、オーナー、ベテランの方と私の3人。

回航ルートは下記。出発点が周南のどの辺かは伏せておきます。なので点線。

tetsutaro2011-001a.JPG

点線が終わる当たりで、オーナー就寝。その後何事も無く、上関大橋の下をくぐって大畠瀬戸に向かって進路を取り始めたら・・・もう一人のベテランの方も、なんか船漕いでる。時間は午前3時前、起きているのは私だけ。

私もそろそろ辛いし、 大畠瀬戸を私一人で越えるのは不安と思っていたらオーナーが起きてきてくれました。大畠瀬戸を越える時、船の速度は対水で6ノット強程度に対して、対地で10ノットオーバー。大畠瀬戸を越えたら私は寝に入りました。

ところが、寝付く頃(恐らく上の地図の赤丸の所あたり)で

「パッキン、カラン、カラン」

となんかの部品が壊れた音。ぼけた頭で外を覗いたら、2人ともゴソゴソ動いているので平気だろうと思ってそのまま寝てしまいました。そして、次に起きたら目的地(上の地図の青丸)でした。時間を確認したら午前5:30・・早すぎ。

起きてみたら、ベテランの方はまだ就寝中。オーナー一人で2時間くらい頑張っていたみたいです。それで、船の上がビチャビチャ。夕立見たいのが一瞬来たそうです。

それと寝付く頃に部品が壊れた音の原因は、オートパイロットが壊れた音だったみたいです。下記にリンクの製品です。

http://www.kai-you.com/sailboat-sub/autohelm.htm

この機械は方位をセットしておけば、自動的に船を向けてくれます。機械の先に棒が出ていて、棒が出たり入ったりすることで舵を押したり引いたりするのですが・・・その棒が折れていました。

とにかく、スタート時間の10:30までには5時間あるので、私は2度寝して、オーナーたちは釣りをしていました。

 

<< レース >>

レースの受付を済ませて(参加賞でマグカップもらった)、スタート時のセールを108%ジブにするか135%ジブ(ジェノア)にするか迷いましたが、結局108%ジブにしました。

いざスタートしたら、風が無い。ちっとも前に進みません。

IMG_1046.jpg

他の船も、みんな風下に集まって下ヒールさせてます。上図の写真はちょうどスタートラインをまたぐ頃です。

その後は、おおよそ下図のように行きました。

tetsutaro2011-002a.JPG

どんどん宮島に近づいていくので、一度タックして、ある程度いったらもう一度タック。この時点でスタートして30分以上は経っていました。それから、だんだんとスピードが上がってきました。と言っても、2ノット前後。

とにかくゆっくりだから、暑い。でもじっと我慢。

そしたら、レーサー艇たちが前の方で風が無いのかほとんど止まっていました。でも、レーサー艇より沖側を通っていた私達はある程度進んでいました。

それで、赤丸の付いた当たりで風が真横よりちょっと後ろから吹き始めたので、ジェネカー(下り用のセール)に切り替えました。そしたら、ある程度スピードが出て最高3ノットオーバー。

(ノ゚ο゚)ノ オオ 結構、いい結果出るんじゃない。レーサー艇ともほとんど距離ないし。と思っていたら黄色の丸のあたりで、本部艇がやってきて、

「ノーレースです~!お疲れさまでした~!」

(゚ロ゚;)エェッ!?、終わり??

その時点での時刻が12:30、タイムリミットが13:00。で、先頭も私達から0.5マイルも離れていない。まぁ、だれもゴールできないでしょう。

というわけで、終了。

 

<< 帰りの回航 >>

レースが終わってすぐに、急いで変えれば大畠瀬戸を3時過ぎくらいには行ける。ということで、メインセールは速度を上げる役割になるので下ろさずに、他のセールだけを片づけて帰路に付きました。

大畠瀬戸は14:30くらいから向い潮になるので、なるべく早く行けば、より抜けられる可能性が大きいのです。

行きの回航ルートで示した岩国の沖は米軍の関係で入ると監視艇が出てきてしまうそうなので、ちょっと横を回ります。

大畠瀬戸を15:30ぐらいに抜けました。その時に対水で6.4ノットに対して対地が3.2ノットまで下がりました。半分の速度です。大畠瀬戸を抜けたらすぐにメインセールを下しました。

その後、私が少し舵を持ったのですが、どうも苦手意識があるのか上手く行きません。とうとう、見かねたオーナーが「替わろうか?」と言ってくれました。

そして、私は後4時間ぐらいで付くと言う頃に寝てしまいました。なんか、頭痛がするのです。次に起きた時は、ちょうど帰港してエンジンを止めた瞬間でした。頭痛は、2,3日続いていました。恐らく、太陽に長く当たり過ぎでしょう。

次は、別府レースの予定です。

 

 ←ライフジャケット

    この手のタイプのライフジャケットを
    使用しています。(多分YAMAHAのブランド)
    でも、これって暑い時に首が日焼けすると
    こすれて痛い。
    なので、首回りの日焼け対策が必要です。

 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る