So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.10】Oneiric で Gnome Classic デスクトップ環境(Ubuntu 10.10までのデスクトップ環境)を使う方法。 -- 正確にはちょっと違う。 [ubuntu]

Ubuntu 11.10(Oneiric)になって、Gnome Classicのデスクトップ環境が無くなりました。

ところが、OneiricにGnome Classic環境をインストールする方法がWeb UPD8(下記のURL)で紹介されてました。

http://www.webupd8.org/2011/08/installing-using-classic-gnome-desktop.html

インストール方法は、端末から下記のコマンドです。

sudo apt-get install gnome-session-fallback

私も試しに、VirtualboxのOneiricに入れてみました。Oneiric Alpha 3(2011/8/27時点のアップデート)です。

今の所、お互いのログインセッションは競合していません。ただ、今後とも大丈夫かと言われると分りませんので、インストールする時には、 競合していないか確かめてから入れて下さい。競合していれば、上記コマンドを入力した後に削除されるパッケージがあるはずです。不要なパッケージなら、インストールしても構いませんが、必要なものなら他のセッションでログインできなくなる可能性があります。

それと、5つのログインセッションをまともに使おうと思ったらテーマ選びが大変です。今の所(2011/6/27現在)、5つともまともに使えるテーマはAmbicanceとかRadianceぐらいでしょうか・・・他のテーマなら改造するとかして下さい。

それで、下図はログイン画面です。5つのセッションとユーザー定義セッション、リカバリーコンソールのセッションがあります。

SS-oneiric-classic-001.JPG

 

Ubuntuセッション(Unity+Compiz)

SS-oneiric-classic-003.JPG

 

Ubuntu 2Dセッション

SS-oneiric-classic-004.JPG

 

Gnomeセッション(Gnome-Shell)

SS-oneiric-classic-002.JPG

 

Gnome Classicセッション

SS-oneiric-classic-005.JPG

これ、Ubuntu 10.10以前のデスクトップ環境に似ていますが、どうも全く同じというわけではないみたいです。大体、Gnome Panelの真ん中に時刻がありますし・・・あと、gtk-2.xを使っているのかgtk-3.0を使ってるのか、私は理解していません。(調べるのが大変・・・)

それと、パネル上のネットワークアイコンが出ませんでした。記事の冒頭で紹介したWeb UPD8の記事の中のスクリーンショットでも同様の現象が出ています。

下記にGnome Classicセッションの記述を載せておきます。

oneiric@ocelot:/usr/share/gnome-session/sessions$ cat gnome-classic.session
[GNOME Session]
Name=GNOME Classic
RequiredComponents=gnome-panel;gnome-settings-daemon;
RequiredProviders=windowmanager;notifications;
DefaultProvider-windowmanager=gnome-wm
DefaultProvider-notifications=notification-daemon
IsRunnableHelper=/usr/lib/gnome-session/gnome-session-check-accelerated
FallbackSession=gnome-fallback
DesktopName=GNOME

※DefaultProvider-windowmanagerをcompizにしたらcompizちゃんと動くかな??

 

Gnome Classic(No effects)セッション

SS-oneiric-classic-006.JPG

Gnome Classicとほとんど同じですが・・・多分、3Dのようなものは無いのだと思います。

それで、Gnomeセッション(Gnome-shell)の定義を見ると、このGnome Classic(No effects)セッションがフォールバックセッションになってます。 なので、Gnome Shellを使用する方は入れられたら入れておいた方が良いかもしれません。下記はgnomeセッションとgnome-fallbackセッションの記述です。

oneiric@ocelot:/usr/share/gnome-session/sessions$ cat gnome.session
[GNOME Session]
Name=GNOME

~中略~

RequiredComponents=gnome-shell;gnome-settings-daemon;
IsRunnableHelper=/usr/lib/gnome-session/gnome-session-check-accelerated
FallbackSession=gnome-fallback
DesktopName=GNOME

oneiric@ocelot:/usr/share/gnome-session/sessions$ cat gnome-fallback.session
[GNOME Session]
Name=GNOME fallback (Safe Mode)
RequiredComponents=gnome-panel;gnome-settings-daemon;
RequiredProviders=windowmanager;
DefaultProvider-windowmanager=metacity
DefaultProvider-notifications=notification-daemon
DesktopName=GNOME

 

<< 余談 >>

気が付いたらOneiricのセッションメニューが日本語化されてました。それと、本記事のスクリーンショットのセッションメニューのアイコンが違うのは気にしないでください。

SS-oneiric-classic-007.JPG

 

 ←USBメモリー8G(ポケットビット)

    この前、ソニーストアーのサイトに行ったら
    ポケットビットの新型がいつの間にか出てた。
    2011/6/初旬に出てたみたい。
    カタログ値からすると1つ古いタイプより
    ちょっと長さが小さい。(-5.6mm)


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る