So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.10】Oneiric Alpha 2のログイン画面にunity-greeter 0.0.2 を使用した時の設定方法 [ubuntu]

--- 2011/8/12 追記 ---

unity-greeterがバージョンアップして、本記事のように手動でlightdm.confを書き直さなくても、インストール時に自動的にlightdm.confを書き直してテーマを適応してくれるようになりました。詳しくは下記の記事をご覧ください。

【Ubuntu 11.10】ログイン画面(Lightdm)のUnity-greeterテーマをインストールすると、自動的にUnity-greeterのテーマに切り替わるようになった

---- 2011/8/12 追記終わり ---

1つ前の記事で書いた様に、2011/7/27にlightdmがアップデートされて、対処したばかりです。

【Ubuntu 11.10】Oneiric Alpha 2でログイン画面(lightdm)をバージョンアップしたら(0.9.2-0ubuntu3)、ログイン画面が出なくなった。(対処)

ただ、lightdmの問題はこれだけではありませんでした。以前入れた、unity-greeter『【Ubuntu 11.10】ログイン画面(Lightdm)のテーマをunity-greeterに変更してみました。』も、テーマが適応できなくなりました。

どこかに、設定の仕方が書いてあるのか調べましたが、さすがにunity-greeter 0.0.2はリリースされたばかりなのか、設定方法の記述を見つけることが出来ませんでした。

とりあえずディレクトリを調べたら、以前あった/usr/shere/lightdm/themesのディレクトリがありません。結局、ソースコードを見て設定する羽目になりました。

 

<< インストール方法 >>

すでに以前のバージョンをインストール済みの方はアップデートでインストールされるはずです。

新規の方は、下記のコマンドでインストールします。

sudo apt-get install unity-greeter

 

<< 設定方法 >>

1) /etc/lightdm/lightdm.confをルート権限で編集する。

sudo vi /etc/lightdm/lightdm.conf

としてエディタで編集します。

SS-lightdm-bug-005.JPG 

[lightdm]と書かれた後に色々記述がありますが、その後ろにでも下記の2行を付け加えて下さい。(私はseats=seat-0と記述された後ろに一行空けて下記を記述しました。)

[SeatDefaults]
greeter-session=unity-greeter

そして、unity-greeter 0.0.1を使用していた方は 上図のようにgreeter-theme=unityの部分を#greeter-theme=unityとしてコメントアウトして下さい。(別にやらなくても大丈夫だとは思います。ソースコードを見る限り参照しているところは見つけられませんでしたから・・・念の為)

それと、テーマディレクトリ theme-directory=/usr/share/lightdm/themesとかも記述していたら、コメントアウトして下さい。 

あとは再起動するだけです。下図のように動きます。

SS-lightdm-bug-006.JPG

下図は、unity-greeter 0.0.1の時のスクリーンショットですが、違いはAmbianceのテーマを使っている事です。なので、メニューが黒です。

SS-oneiric-gnome-shell-005.JPG

ちなみに /etc/lightdm/unity-greeter.conf にtheme-name=Ambiance という記述があるので変えてあげるとテーマが変わるのかな??まだ、試していません。

 

 ←USBメモリ 16G

 16GのUSBメモリが2000円を切るように
   なっていたんですね。(2011/7/28)
   私の場合、USBで16Gあっても入れるものない。
   値段同じくらいで、半分の8Gでいいから、
   USBメモリでミラーリングとかあったら
   壊れたら困るデータを入れておける。
   今はそんなに重要なデータをもってないけど・・・   


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。