So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.04】Synaptic パッケージマネージャーによるバージョン選択及び固定方法。(Firefox 5.0 b5からFirefox 4.0.1にダウングレード) [ubuntu]

2つほど前の記事『【Ubuntu 11.04】Firefox 5.0 BetaがProposed リポジトリからインストール可能に。でも、Firefox 4.0.1を使うようにしました。』でFirefox を5.0 b5から4.0.1にダウングレードしました。

ところが、2011/6/13に『【Ubuntu 11.04】Google Earth 6.0.2 インストール (日本語文字化け対処)』の記事にKusachi様からコメントを戴きました。そこに”パッケージマネージャーでバージョン固定して”と書かれていました。

Σ(- -ノ)ノ エェ!? パッケージマネージャーでバージョン固定できるの?? 

知らなかった・・・o( _ _ )o ショボーン

でも、コメント頂いたKusachi様に(^人^)感謝♪。さっそくFirefox 5.0 b5をFirefox 4.0.1にダウングレードするのをSynaptic パッケージマネージャーのバージョン固定でやってみました。

<< ダウングレードとバージョン固定 >>

1) ダウングレードするパッケージを探す。

firefox 5.0 b5はProposed/mainリポジトリからインストールしているので、「クイック検索」の所に"firefox"と入れて、「由来」を押してProposed/mainリポジトリを選択すると下図のように出ます。

SS-firefox5b-011.JPG

2) バージョン強制

ダウングレードするパッケージ(この場合firefox)を選んで、下図のように[パッケージ]→[バージョンの強制]を選びます。

SS-firefox5b-012.JPG

すると、ウインドウが開くのでプルダウンメニューでインストールするバージョンを選択します。

SS-firefox5b-013.JPG

これを依存関係を考慮して、必要なパッケージに対して行います。firefoxの場合は、とりあえずfirefox、firefox-globalmenu、firefox-branding、firefox-gnome-supportです。※言語パッケージは特殊なので後で説明します。

3) ダウングレード実行

ダウングレードするパッケージを全て選択したら、Synapticパッケージマネージャーの「適応」ボタンが押せるはずなので、押します。すると下図が出ます。そしたら「適応」を押します。

SS-firefox5b-014.JPG

上手く行くと、上図が閉じた後、Synapticパッケージマネージャーが下図のようになります。

SS-firefox5b-015.JPG

4) バージョンの固定

上図の黄色が付いている所を選択しては、[パッケージ]→[バージョンを固定]と選んでいきます。

SS-firefox5b-016.JPG

※記憶が定かでなのですが、選ぶたびに右側のリストからパッケージが消えたと思います。

そうすると、今度は左側のupdateリポジトリ(今回ダウングレードしたfirefoxはupdateリポジトリの物を選択しましたが、選ぶバージョンによってリポジトリは違います)を押すと下図のようになります。

SS-firefox5b-017.JPG

ここまでで、基本的にはfirefoxのダウングレード及びバージョン固定は終了です。立ち上げるとFirefox 4.0.1になるはずです。他のソフトでも応用は聞くはずです。くれぐれも依存関係には注意して下さい。

ただ、firefoxの場合、この手順をやると英語になってしまいます。

 

<< 日本語化 >>

firefox は、日本語のエクステンション(拡張子.xpi)を入れる事で日本語化されます。

5.0 b5の場合はfirefox-locale-jaのパッケージに日本語ランゲージ・エクステンションが入っていて、これで日本語化されていますが、4.0.xの場合はlang-pack-ja-baseのパッケージに日本語ランゲージ・エクステンションが入ってます。なので、通常のダウングレードでは上手く行きません。

そこで、まずはfirefox 5.0 beta用のランゲージパックをアンインストールします。

下図は左側の欄が見えませんがProposed/universeリポジトリを選んで「firefox」で検索をします。インストール済みバージョンの所を1~2回押すと、インストールしてあるfirefox-locale-xxがリストの上の方に来ます。

そこで、 下図のようにインストールしてあるfirefox-locale-xxを全て「完全削除指定」を選んで「適応」を押してアンインストールします。

SS-firefox5b-018.JPG

ここから2通りの方法があります。

A)日本語ランゲージ・エクステンションをfirefoxのサイトから持ってくる。(簡単)

下図にアクセスして、ja.xpiをクリックします。

http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/4.0.1/linux-i686/xpi/

後は、アドオンとしてインストールするようりょうでインストールすればOKです。必要であれば、 他の言語パックもインストールします。

これで日本語化出来るはずです。

B)言語パッケージもダウングレード

こちらは、Firefoxと同様に言語パッケージもダウングレードする方法です。やや面倒です。

5) Proposedリポジトリの一旦削除

Synapticパッケージマネージャーの[設定]→[リポジトリ]→[アップデート]タブを選んで、下図のように「プレリリースされたアップデート」のチェックを外します。

SS-firefox5b-019.JPG

「閉じる」を押して、一度「再読込」(Reload)のボタンを押します。

6) ランゲージパックの再インストール

検索欄に「language pack 」入れて検索します。language-pack-ja、language-pack-ja-base、language-pack-gnome-ja、language-pack-gnome-ja-baseの4つに対して、再インストールを指定して「適応」を押します。

SS-firefox5b-021.JPG

※上手くいかない場合は、一度 language-pack-ja、language-pack-ja-base、language-pack-gnome-ja、language-pack-gnome-ja-baseを削除して、下図のように再度インストールして下さい。(途中でメニューが一時的に英語になりますが、分ると思います)

SS-firefox5b-022.JPG

※language-pack-gnome-ja、language-pack-gnome-ja-baseは不要かもしれませんが、language-pack-jaと不一致になるのを避けたかったのでダウングレードしました。

7) パッケージバージョンの固定

再インストールが完了したら、6)で再インストールしたランゲージパックに対して、 4)と同様な手順でバージョンを固定して下さい。

Synaptic パッケージマネージャーの「状態」を選ぶと左側に「PIN指定」というのが新たに出来ているはずです。そこを選ぶと下記の様になります。

SS-firefox5b-024.JPG

8) リポジトリを戻す

Proposedリポジトリが必要な方は、Synapticパッケージマネージャーの[設定]→[リポジトリ]→[アップデート]タブを選んで、「プレリリースされたアップデート」に再びチェックを入れて下さい。その後、一度、「再読込」を押してください。

これで、Firefox 4.0.1の日本語化が完了です。

 

今回は、『【Ubuntu 11.04】Firefox 5.0 BetaがProposed リポジトリからインストール可能に。でも、Firefox 4.0.1を使うようにしました。』の記事の方法と違い、globalmenu化出来ます。

SS-firefox5b-023.JPG

この度は、firefoxを例に行いましたが、他のソフトでも使えるのでSynaptic パッケージマネージャーでのダウングレードやバージョン固定の参考にして下さい。

 

 ←キーボード脱着式Android 3.0端末

    2011/6/25からアマゾンで発売。(予約受付中)
    ASUSの製品(私の使ってるマザーボードと同じメーカー)
    もうちょっと安くならないかな~
    性能とか考えたらこれくらいの値段はしょうがないけど・・・

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20110527_448671.html
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【Ubuntu 11.10】Oneiric Ocelotのカーネルバージョンが3.0に。 [ubuntu]

2011/6/14に日付が変わる頃、Ubuntu 11.10(Oneiric Ocelot)をアップデートしたら、カーネルバージョンが3.0.0-genericにバージョンアップされました。

SS-Oneiric-a1-40.JPG

Virtualbox 4.0.8上でなんとか動いている状況だったので、過去の例を考えるとカーネルのバージョンアップに伴いGuestAdditionsがエラーになってしまうだろうな。。と思っていました。

ところが、GuestAdditionsのコンパイルエラーは出ず、大丈夫でした。

現在(6/14)は下記の通りのバージョンです。

SS-Oneiric-a1-041.JPG

Linuxの3.0というとSandy Bridgeに対応したコードが入るようですが。。その他に、MicrosoftのKinectのサポートするみたいです。でもKinectって下記ですよね?

Xbox 360 Kinect センサー

Xbox 360 Kinect センサー

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: Video Game

これに対応させるってこと???そうだとしたら、どんなアプリを想定しているのだろう??やっぱり、ゲームかな。よく分りません。

 ←USBメモリ型SSD

    SSDと言う事は外付けHDDと同じ扱い。
    といっても、あまり意識しなくていいのかな?
    値段もUSBメモリとよりちょっと高いだけ。
    ただ、大きさが。。結構大きいのかな。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る