So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.04】Firefox 5.0 BetaがProposed リポジトリからインストール可能に。でも、Firefox 4.0.1を使うようにしました。 [ubuntu]

Firefox 5.0 Beta 5が数日前(2011/6/10ごろ)からProposed リポジトリからインストール可能になりました。

SS-firefox5b-001.JPG

Proposed リポジトリと言うのは、提案(proposed)パッケージが入っているリポジトリです。デフォルトではこのリポジトリは有効にはなっていません。

有効にするには、Synaptic パッケージマネージャーの[設定]→[リポジトリ]の[アップデート]タブで下図の様に「プレリリースされたアップデート」の所にチェックを入れると有効になります。

SS-firefox5b-002.JPG

上図のようにチェックを入れてアップデートをすると、Synapticパッケージマネージャーで「由来」の所でfirefoxが下図のようになってます。

SS-firefox5b-004.JPG

上図から、proposed のリポジトリからインストールされているのが分ると思います。

実は私の場合、他のソフトはproposedの物を使いたい事が多いので、最初からproposedのリポジトリにチェックを入れていました。なので、予期せずfirefox 4.0.1からfirefox 5.0 b5にアップデートされた感じです。

しかし、私にとってFirefox 5.0 b5は不都合でした。それは、下記の2つの問題があったからです。

・Yahoo Japanのトップページがまともに表示出来ない。

・よく使うFox Tab (Operaのスピードダイヤルに履歴とタブを混ぜたようなやつ)のアドオンが使えない。

そこで、サーチパスの順序が/usr/binより/usr/local/binの方が先である(優先度が高い)事を利用してFirefox 4.0.1をインストールしました。Firefox 5.0が上記の2つの問題が解決するまでの暫定処置です。

<< やり方 >>

1) ダウンロード

Ubuntu で下記にアクセスして、firefox-4.0.1.tar.bz2をダウンロードする。

http://mozilla.jp/firefox/

2) インストール

端末から、

cd /usr/local/lib

sudo tar xf /<* ダウンロードパス *>/firefox-4.0.1.tar.bz2

sudo mv firefox/firefox ../bin/.

sudo gedit /usr/local/bin/firefox

ここで、 53行目当たりに下記が書いてあるはずです。

moz_libdir=/usr/local/lib/firefox-4.0.1

これを下記に直します。

moz_libdir=/usr/local/lib/firefox

後は、セーブすれば完了です。

※もし、上記のfirefox 4.0.1のインストールをしてもランチャーからfirefox 5.0が立ち上がるようでしたら、メニューエントリーファイル (firefox.desktop)やランチャーの設定がフルパスで「/usr/bin/firefox」になっているのだと思います。「/usr/local/bin/firefox」に直すか、ただ「firefox」と記述しなおしてください。後の事を考えると、特別な事情が無い限り「firefox」と記述するだけがよいと思います。

これで下記のようにfirefox 4.0.1が立ち上がります。

SS-firefox5b-003.JPG

残念ながらグローバルメニュー化は出来ませんでした。少しの間だけと思うので、グローバルメニュー化にする仕組みを考えるのが面倒だったので・・・

ちなみに、逆に現在firefoxがグローバルメニューになっていて、昔の上図の様なメニューが良い方は、下記のコマンドを入力して下さい。グローバルメニューから、上図ようにウインドウにくっついたメニュー形式になります。

sudo apt-get purge firefox-globalmenu

 

 ←GPSロガー

    GPSロガーは欲しいと思うけど
    購入するのをためらっている一つ。
    ヨットに乗った時は欲しいと思うけど
    多分使うのは年に4~5回。
    悩む~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。