So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.04】 ATIドライバ Catalyst 11.5 (fglrx 8.850) インストール [ubuntu]

つい、この前Catalyst 11.4が出たと思ったら、Catalyst 11.5 (fglrx 8.850) が5月9日に出てました。今月は早いですね~

http://www.amd.com/us/Pages/AMDHomePage.aspx

リリースノート見たのですが、なにが変わったのか分かりません。(と言うより、実質的にインストールノートでした)

それで、下記のPhoronixのページによると、いくつかのローカライズ、新規バージョン(Ubuntu以外)の対応、様々なバグフィックスだそうです。ただ、Gnome3に関してはバグが残ってるようだと書いてあるようです。(多分。。。英語苦手。)

http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=OTQyNA

 

<< インストール方法 >>

それでインストール方法ですが、基本的に下記と同じです。

【Ubuntu 11.04】 ATIドライバ Catalyst 11.4 (fglrx 8.841) インストール

上記記事のインストール部分をCatalyst 11.5 (fglrx 8.850)様に書き換えると、

端末を開いて、ati-driver-installer-11-5-x86.x86_64.runを保存したディレクトリに行って、

sudo apt-get install dkms #既に入っている場合は、やらなくてOK

chmod +x  ati-driver-installer-11-5-x86.x86_64.run

./ati-driver-installer-11-5-x86.x86_64.run --buildpkg Ubuntu/natty

少し待つと、下記の3つのファイルが出来ます。

fglrx-amdcccle_8.850-0ubuntu1_i386.deb
fglrx-dev_8.850-0ubuntu1_i386.deb
fglrx_8.850-0ubuntu1_i386.deb

そしたら、下記のコマンドを入力していきます。

sudo dpkg -i fglrx_8.850-0ubuntu1_i386.deb

sudo dpkg -i fglrx-amdcccle_8.850-0ubuntu1_i386.deb

sudo dpkg -i fglrx-dev_8.850-0ubuntu1_i386.deb

そして、もしaticonfigコマンドを使用する予定があるなら、下記を入力します。

sudo aticonfig --intial #一度入力しているなら必要なし

これで、アップデートやインストールが出来ます。

 

<< Catalyst Control Centerの問題 >>

これは以前から私の環境で出ている問題です。

上記のインストール方法でバージョンアップした場合にCatalyst Control Centerの情報が間違って出ます。

下図はCatalist 11.4の時のCatalyst Control Centerのスクリーンショットです。

SS-ATI-1105-001s.jpeg

下図はCatalyst 11.5 を入れた直後のCatalyst Control Centerのスクリーンショットです。

上下の図の色をつけた部分を見比べてもらえば分かりますが、黄色を付けた部分が変化していません。青色を付けた部分はちゃんと変わっています。

SS-ATI-1105-002s.jpeg

そこで、一度リカバリーモードで起動して、下記を入力後、再起動します。

sudo rm /etc/ati/amdpcsdb

すると、下図の様に黄色を付けた部分も変わります。

SS-ATI-1105-003s.jpeg

新しいバージョンをインストールするときに、/etc/ati/amdpcsdbを再構築するように出来ないのかな~ 

 

<< 私的ミス >>

これはメモみたいなものです。

今回、私はミスをしてしまいました。カーネルを再構築する際に、CONFIG_VERSION_SIGNATUREの値を適当に設定したのがまずかったらしく、dkmsがカーネル用モジュールをビルドする際に、下記のエラーを吐きました。

DKMS make.log for fglrx-8.850 for kernel 2.6.38-109-sp (i686)
2011年  5月 11日 水曜日 22:29:45 JST
AMD kernel module generator version 2.1
kernel includes at /lib/modules/2.6.38-109-sp/build/include not found or incomplete
file: /lib/modules/2.6.38-109-sp/build/include/linux/version.h

とりあえず、version.hが無かったのので、カーネルヘッダーからコピーしたら、今度は下記のエラー。

DKMS make.log for fglrx-8.850 for kernel 2.6.38-109-sp (i686)
2011年  5月 11日 水曜日 22:47:11 JST
AMD kernel module generator version 2.1
Error:
kernel includes at /lib/modules/2.6.38-109-sp/build/include do not match current kernel.
they are versioned as ""
instead of "2.6.38-109-sp".
you might need to adjust your symlinks:
- /usr/include
- /usr/src/linux

やはりごまかしはダメみたいで、下記の通り設定して再度カーネルビルド。

CONFIG_VERSION_SIGNATURE="Ubuntu 2.6.38-109-sp 2.6.38.4"

make menuconfigでは下記になります。

SS-ATI-1105-004s.jpeg

これで、fglrx 8.850をインストールしたら大丈夫でした。

ちなみに、dkmsは /var/lib/dkms/fglrx/8.850/build(青色の部分はfglrxのバージョン番号)のディレクトリでビルド作業をするようで、ここにエラーがあるとmake.logを残します。成功しても失敗してもmake.sh.logというログも残すので、これらを見ればちゃんとビルドしたか分かります。(今回の教訓)

 

 ←ATI Radeon HD 6850

    6000番台(R900)はUbuntuで動くのかな?
    ATI(fglrx)のドライバは対応みたいだけど・・・
    でも、その前に電源容量足りるかな??


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る