So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.04】BlueGriffon 1.0 -- HTML5 + CSS3 エディタ (無料のホームページ作成・編集ツール) リリース & インストール [ubuntu]

BlueGriffon 1.0 (HTML5 + CSS3 エディタ)が2011/5/10にリリースされました。

http://www.bluegriffon.org/

SS-bluegriffon-006.JPG

このBlueGriffonはFirefox 4のエンジンである Geckoが使用されています。また、WYSIWYGによる編集が可能です。詳しい事は上記のURLを見て下さい。(私もちょっとしか使ってませんので、使い方はほとんど分りませんm(__)m)

さっそくUbuntu 11.04 (Natty)にインストール。

※Windows版もあります。Windows版は、ウィザードに従うだけでインストールできます。

<< インストール方法 >>

1) ダウンロード

http://bluegriffon.org/pages/Download

から、download.tar.bz2(32bit版と64bit版があるので、適切な方)をダウンロードして下さい。

2) 展開

端末(コマンドライン)から、

cd /usr/local/lib

sudo tar xf /<* ダウンロードPath *>/BlueGriffon-1.0-Linux-x86.tar.bz2

3) アイコン設定

cd /usr/local/share/icons/hicolor

もし、上記ディレクトリが無かったら、

cd /usr/share/icons/hicolor

に行く。それから、

sudo ln -s /usr/local/lib/BlueGriffon/chrome/icons/default/default16.png 16x16/apps/bluegriffon.png

sudo ln -s /usr/local/lib/BlueGriffon/chrome/icons/default/default32.png 32x32/apps/bluegriffon.png

sudo ln -s /usr/local/lib/BlueGriffon/chrome/icons/default/default48.png 48x48/apps/bluegriffon.png

sudo update-icon-caches .

これで、アイコンの設定完了。

4) 起動コマンド設定

cd /usr/local/bin

sudo mv ../lib/BlueGriffon/bluegriffon .

sudo vi  bluegriffon

上記コマンドで(geditでも可)、エディタを開いたら、53行目当たりに、

moz_libdir=/usr/local/lib/bluegriffon-1.0

という行があるので、

moz_libdir=/usr/local/lib/BlueGriffon

に修正して、セーブ。

これで、端末から一度source ~/.profile を行えば、bluegriffonで起動できるようになります。

5) メニュー設定

cd /usr/local/share/applications

sudo vi bluegriffon.desktop

上記コマンドで、エディタを開いたら、下記をコピー&ペースト。

----- ここから ---
[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=BlueGriffon HTML Editor
Name[ja]=BlueGriffon HTML エディタ
Comment=Edit HTML
Comment[ja]=HTMLを編集します。
GenericName=HTML Editor
GenericName[ja]=HTML・エディタ
Exec=bluegriffon %u
Terminal=false
X-MultipleArgs=false
Type=Application
Icon=bluegriffon
Categories=GNOME;GTK;Network;Development;
MimeType=text/html;text/xml;application/xhtml+xml;application/xml;application/vnd.mozilla.xul+xml;application/rss+xml;application/rdf+xml;image/gif;image/jpeg;image/png;x-scheme-handler/http;x-scheme-handler/https;x-scheme-handler/ftp;x-scheme-handler/chrome;
StartupWMClass=BlueGriffon
StartupNotify=true
---- ここまで ----

※MimeTypeの所は自信ありません。Firefoxと同じにしています。

そしたらセーブ。

これで、一度ログアウト&ログインすれば、メニューに出てきます。

インストール手順は以上です。

 

<< 日本語化 >>

初めに日本語化した方が良いと思います。

[tool]→[preferences]→[Advanced]

を選んで、下図のようにja(Japanese)をリストから選んだ後に「Use Language」を押します。

SS-bluegriffon-003.JPG

するとメニューなどの表記が日本語になります。OSのロケールを日本にしていれば、「Try to use Operating System's locale」にチェックを入れても日本語になるはずです。

 

<< ちょっと使ってみました>>

下図は、画像ファイルを挿入して、それに影を付けた所です。

SS-bluegriffon-005.JPG

WYSIWYGをソース表示に切り替えた所です。真ん中、下方のボタンですぐに切り替えられます。

SS-bluegriffon-007.JPG

ブラウザを呼び出すボタンがあって、押すとブラウザに表示します。複数のブラウザが登録可能です。

SS-bluegriffon-004.JPG

残念ながら、ちょっと使っただけでもバグが沢山見つかる状態です。例えば、日本語のメニューの欄を見ても「編集(E)(E)」となっていて、(E)が二つある状態です。その他にも、CSSの値を設定して、一度セーブした後に再び開くと、CSSの値の一部がリセットされた状態(実際の値を読み込んでくれない)になったりします。

まだ、バージョン1ですからね。ある程度のバグはしょうがない。。

 

 ←ホームページビルダー

    これ持ってる。
    ホームページビルダーは、すごく昔から
    使っていて、当分バージョンアップしなかったが、
    古いバージョンは最後のバージョンアップチャンス
    なので購入しました。
    ホームページ作るの頼まれてるんだけど、面倒だな~


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
メッセージを送る