So-net無料ブログ作成

【Ubuntu】 パッケージのリストを表示するスクリプトを作ってみた。(自分用なのでバグ多いと思われます) [ubuntu]

昨日、WebUPD8のサイトを覗きにいったら下記の記事を見つけました。

How To List Packages From A PPA / Repository In Ubuntu』 (WebUPD8へリンク)

この中で、コマンドライン上でリポジトリ内のパッケージを出力するスクリプトが載っていました。

これは便利そうなので、簡単に使えるようにスクリプトを作ることにしました。それで、WebUPD8のスクリプトで参照しているファイルの内容をみたら、パッケージのcontrol file相当が載っています。せっかくなので、それも出せたら結構便利だと思い、少し機能を拡張することにしました。

それでできたのが下記。コマンド名はapt-listとしました。

ただ、エラー処理を全く作成していませんので、内部で使用しているgrepとかのエラーがそのまま出たりします。(自分用なので横着しました。)

< 使い方 >

使う人はいないと思いますが、自分用にメモです。

//リポジトリのリスト表示//

-l オプションを付けるとリポジトリのリスト表示モードになります。

apt-list -l : リポジトリのリストを表示する。

apt-list -l -c <strings> :  -c <strings> で<strings>の文字列でリポジトリを絞り込む

// パッケージの表示 //

-l オプションを付けないと、パッケージ一覧の表示モードになります。

apt-list -n <strings> :  -n <strings> で <strings>の文字列を含むパッケージの一覧を表示します。

apt-list -c <strings1> -n <strings2> : パッケージリスト表示同様に-c <strings1>で指定した文字列を含むリポジトリの中から<strings2>のパッケージを探します。

apt-list -n <strings> -w : -n <strings> と-wを併用するとstringsで指定した文字列と完全一致するパッケージのみを表示します。

apt-list -n <strings> -w -d : オプションを使うと詳細表示します。

apt-list -n <strings> -d : -n <strings>でマッチしたものが複数ある時に-dを使用すると複数出力します。もし、-nや-cなどの絞り込みを省略すると(つまり、apt-list -d と入力すると)すべてのパッケージの詳細表示をします。

使い方はこんな感じ。-c や -n は、--category=<strings>, --name=<strings>としてもいいです。(スクリプト見ればわかると思います。)

これで、今までdpkg -c を使ってわざわざ展開して、DEBIAN controlを見ていましたが、少しは楽になるかも。。。

 

 ← 関数電卓

     私は関数電卓はほとんど使ったことがないのですが、
     最近はあると便利かもと思い始めました。
     しかし、最近のは安いですね。昔はもっと高かったように思います。
     それと、表示も分数とかが表示できるのですね。
     左のは2012/12/14発売らしい。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。