So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.10】Unityのランチャーを画面の下に持っていくプラグイン [ubuntu]

Ubuntu 11.10(Oneiric)で、Unityのランチャーは左にあります。これを画面の下に持っていく方法です。

SS-unity-rote-001.JPG

元ネタは下記。

http://www.webupd8.org/2011/11/install-ubuntu-unity-bottom-launcher.html

それで、やり方だけ上記の記事から抜き出した物が下記です。

< インストール方法 >

1) もし、以前のランチャーを下にするUnityのプラグインがあったら下記のコマンドで削除する。

rm ~/.compiz-1/plugins/libunityshell.so

2) PPAを登録してプラグインをインストールする。

sudo add-apt-repository ppa:paullo612/unityshell-rotated
sudo apt-get update
sudo apt-get install unityshell-rotated libnux-1.0-0 compizconfig-settings-manager

※プラグイン以外にもnuxライブラリの1.0やccsmもインストールしてます。

3) Unity Plugin rotatedをオンにする。

ccsmを立ち上げて、下記の様にUbuntu Unity Plugin Rotatedをオンにします。

SS-unity-rote-004.JPG

ところがここで競合が発生するので、"Disable Run Dialog" と "Disable Flip Down"を選ぶようです。

その後、CCSMが固まります。

ここでCTRL + ALT + F1を押してtty1に移ってログインします。そしたら下記のコマンドを入力します。

sudo service lightdm restart

あとはログインして通常通り使用すればOKです。それでも、ログインした時にUnity Rotatedが動いていない(パネル等が無い)場合は、CTRL + ALT + Tを入力して端末を起動します。そしたら、起動した端末で下記を入力してCCSMを起動します。

ccsm

起動したら、Ubuntu Unity Plugin Rotatedにチェックが入っていないはずなので、チェックを入れます。そうすると本記事の最初のスクリーンショットのようにランチャーが画面の下にあるUnityが動くはずです。

※実は、私は最初に Ubuntu Unity Plugin Rotatedにチェックを入れたらccsmどころかシステム全体がかたまってしまい、強制リブートしました。そしたら、すぐに使える状態でした。なので3)の項目はきちんとやっていません。

< リカバリー >

※これはまだ試していません。

端末から下記を入力します。

sudo apt-get install ppa-purge
sudo ppa-purge ppa:paullo612/unityshell-rotated
sudo apt-get remove unityshell-rotated

< 使ってみて >

とりあえず、Cubeは動くかな?と思ったらちゃんと動きました。

SS-unity-rote-002.JPG

それとCardapioはどんなふうに出るのかな?と思ったら、普通に上方にWindowsのメニューの様に出ました。

SS-unity-rote-003.JPG

後は特に普通のUnityと変わりませんが、ランチャーの幅を少し小さくした方が見栄えが良かったです。

 

 ←ナナオディスプレイ(カラーマッチングツール付き)

    ナナオのディスプレイで高いのは
    当たり前なのですが。
    カラーマッチングツールというのが同梱されてます。
    このソフト、印刷した色とディスプレイで表示される色を
    一致させるためのツール。こんな製品あるんですね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る