So-net無料ブログ作成

【Ubuntu】Virtualbox 4.1.4 リリース -- Xorg 1.11サポート [ubuntu]

2011/10/3にVirtualbox 4.1.4 がリリースされました。今回も、インストール作業の方法は省略。(特別変わったこともなく、毎度のことなので・・・)

https://www.virtualbox.org/

SS-vbox414-001.JPG

ダウンロードページ:

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

Change Log :

https://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

今回の変更点を見て、気になったのは下記の記述。

Linux Additions: add support for X.Org Server 1.11

つまり、X.org 1.11に対応したことです。ただ、Ubuntu 11.10でもXorg 1.10.4なので影響のある方は少ないと思います。

それとUbuntu 9.10(karmic) でCompiz関係のバグ修正が行われいます。あとはWindows用のインストーラやGuestAdditionsのバグ修正が目立ちました。

あとLinux関係では、LinuxがGuestの時にDRMモジュールのコンパイルに失敗してもインストールされる問題の修正とか、共有フォルダを複数の場所にマウント出来るようにとか、openSUSE 12.1関係のバグ修正とかです。

それで、Virtualbox 4.1.4を私の環境(11.10 , Host:Vista)で動かした時の現状です。

GuestとしてUbuntu 10.10(maverick), Ubuntu 11.04(Natty),Ubuntu 11.10(Oneiric)は、特にすぐ目立つようなバグは見つからず、動きます。

GuestがUbuntu 11.10(Oneiric)の場合ですが、Virtualbox固有の問題として、

・UnityのDashメニューの検索欄にキーボードからの文字が入りにくい。ある程度長押ししてないと入らない。

・下図を最大化してもらうとわかるのですが、ログイン時の壁紙のドットが、デスクトップ画面にも残る。

SS-vbox414-002.JPG

・Gnome Shell 3.2.0は動きます。ただ、ウインドウ状態で下図のように左上の端にカーソルを持っていてもなかなか反応しません(画面が切り替わらない)。Virtualboxをフルスクリーン状態にすると正常に反応します。

SS-vbox414-003.JPG

多分、Ubuntu 11.10(Oneiric)がリリースされた時には、Virtualboxのバージョンは恐らくこのバージョンでしょうから、上記問題(特にUnity関連)はすぐにクレームつくかも・・・

 

 ←CPU Intel Core i7 2600K

    もし、今CPUを購入するとしたらこれかな~
    なんでもKが最後に着いてる型番だと
    OC(オーバークロック)が簡単だそうで・・・
    といっても、その前にメモリを何とかしないと
    Vistaが32bit版でVirtualbox動かすと、たまに
    最大実装でも足りない。。。64bit版のOSいれて
    メモリ8Gいれないと・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る