So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.10】ATI Catalyst ドライバ 11.7 (fglrx 8.872) インストール方法 (でも、まだ問題が・・) [ubuntu]

ATI Catalyst ドライバ 11.7 (fglrx 8.872)のリリースの記事を一週間ほど前に記述しました。

【Ubuntu 11.10】ATI Catalyst ドライバ 11.7 (fglrx 8.872) リリース。Oneiric Alpha 2にインストールしてみましたが、上手く動かない・・

上記記事を記述した時はCatalyst 11.6の時に出ていた問題はすべて解消されていると思っていました。ところが、下記の記事のインストール手順のB-3) でATIドライバの修正をしていますが、パッチ内容の4)のAlternativesのエントリーがgl_confからi386(x86_64)-linux-gnu_gl_confに変更になったことに対する対処が未だにされていませんでした。

【Ubuntu 11.10】Oneiric Ocelot Alpha 1にATI ドライバCatalyst 11.6 (fglrx 8.861)を無理やりインストール -- mesaライブラリのディレクトリ(/usr/lib/mesa)が違う場所に。

勝手に直ってると思い込んでいた私・・・下記のスレッドで気がつきました。

http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1773851

と言うわけで、インストール手順を再度記述します。インストールは上手く行くようになってUnity(Compiz)が動くはずなのですが、現時点(2011/8/7)ではバグがあってunity-2dしか動きません。詳しくは後述。

<< インストール手順 >>

1) ダウンロード&パッケージ作成

ATIのページからati-driver-installer-11-7-x86.x86_64.runをダウンロードします。

そしたら、下記のコマンドを入力してパッケージを作成します。

chmod +x ati-driver-installer-11-7-x86.x86_64.run

./ati-driver-installer-11-7-x86.x86_64.run --buildpkg Ubuntu/oneiric

2) パッケージを修正

下記のコマンドで一度パッケージを展開します。

dpkg -e fglrx_8.872-0ubuntu1_i386.deb

dpkg -x fglrx_8.872-0ubuntu1_i386.deb fglrx_8.872-0ubuntu1_i386

DEBIANというディレクトリがあるはずですので、そこに下記のパッチを当てます。(32bit用です)

------- fglrx-1107-fix.patch -------

diff -Nur DEBIAN.org/postinst DEBIAN.new/postinst
--- DEBIAN.org/postinst 2011-08-07 11:42:39.000000000 +0900
+++ DEBIAN.new/postinst 2011-08-07 11:44:04.915203509 +0900
@@ -99,7 +99,7 @@
     fi
 
     update-alternatives --force \
-        --install /etc/ld.so.conf.d/GL.conf gl_conf /usr/lib/fglrx/ld.so.conf 1000
 \
+        --install /etc/ld.so.conf.d/i386-linux-gnu_GL.conf i386-linux-gnu_gl_conf 
/usr/lib/fglrx/ld.so.conf 1000 \
         --slave /usr/bin/aticonfig aticonfig /usr/lib/fglrx/bin/aticonfig \
         --slave /usr/bin/atiode atiode /usr/lib/fglrx/bin/atiode \
         --slave /usr/bin/amdnotifyui amdnotifyui /usr/lib/fglrx/bin/amdnotifyui \
@@ -128,7 +128,7 @@
     # This is for switchable graphics
     # Note: the radeon kernel module is still blacklisted
     update-alternatives --force \
-        --install /etc/ld.so.conf.d/GL.conf gl_conf /usr/lib/pxpress/ld.so.conf 900 \
+        --install /etc/ld.so.conf.d/i386-linux-gnu_GL.conf i386-linux-gnu_gl_conf /usr/lib/pxpress/ld.so.conf 900 \
         --slave /usr/bin/aticonfig aticonfig /usr/lib/fglrx/bin/aticonfig \
         --slave /usr/bin/atiode atiode /usr/lib/fglrx/bin/atiode \
         --slave /usr/bin/amdnotifyui amdnotifyui /usr/lib/fglrx/bin/amdnotifyui \
@@ -166,7 +166,7 @@
     CURRENT_KERNEL=$(uname -r)
     NEWEST_KERNEL=$(get_newest_kernel "$KERNELS")
 
-    ALTERNATIVE=$(readlink /etc/alternatives/gl_conf)
+    ALTERNATIVE=$(readlink /etc/alternatives/i386-linux-gnu_gl_conf)
     if [ "$ALTERNATIVE" = "/usr/lib/fglrx/ld.so.conf" ]; then
         # Update initramfs so that the blacklist ends up in the initramfs
         update-initramfs -u
@@ -187,6 +187,7 @@
         cat > $INIT_SCRIPT <<EOF
 # Warning: This file is autogenerated by $PACKAGE_NAME. All changes to this file will be lost.
 start on (starting oem-config
+          or starting lightdm
           or starting gdm
           or starting kdm
           or starting xdm
diff -Nur DEBIAN.org/prerm DEBIAN.new/prerm
--- DEBIAN.org/prerm    2011-08-07 11:42:39.000000000 +0900
+++ DEBIAN.new/prerm    2011-08-07 11:44:04.947203506 +0900
@@ -20,7 +20,7 @@
        remove)
                remove_dkms_module
       
-               update-alternatives --remove gl_conf /usr/lib/fglrx/ld.so.conf
+               update-alternatives --remove i386-linux-gnu_gl_conf /usr/lib/fglrx/ld.so.conf
 
                # Trigger gmenu so as to update the gnome menu
                dpkg-trigger --by-package=$PACKAGE_NAME gmenucache || true

-------- fglrx-1107-fix.patch -------

上記パッチを fglrx-1107-fix.patchとかのファイル名で、作成したfglrxのパッケージがあるディレクトリにセーブします。

※折り返しに注意してください。恐らく、そのままコピー&ペーストすれば大丈夫だとは思います。(自分で実験したところ大丈夫でした)

そしたら、下記のコマンドを順に入力して、修正したパッケージ(fglrx_8.872-0ubuntu1_i386.deb)を作成します。

cd DEBIAN

patch -p1 < ../fglrx-1107-fix.patch

※パッチコマンドでやるより、上記のdiffを見て手で修正した方が早いかも・・・

cd ..

mv DEBIAN fglrx_8.872-0ubuntu1_i386/.

rm fglrx_8.872-0ubuntu1_i386.deb

dpkg -b fglrx_8.872-0ubuntu1_i386

3) インストール

以前にalternativesをgl_confでインストールしてしまっていた場合(つまりATIのサイトから持ってきたものを直接入れてしまった場合)は、6)にを先に行ってから、この手順を行ってください。

sudo dpkg -i fglrx_8.872-0ubuntu1_i386.deb

sudo dpkg -i fglrx-amdcccle_8.872-0ubuntu1_i386.deb

sudo dpkg -i fglrx-dev_8.872-0ubuntu1_i386.deb

sudo dpkg -i fglrx_8.872-0ubuntu1_i386.deb

# 上記は sudo dpkg-reconfigure fglrx でもよい

sudo aticonfig --inital

sudo dpkg-reconfigure python-gmenu

sudo dpkg-reconfigure bamfdaemon

sudo ldconfig

これでインストールは終了です。 あとは再起動すれば、一応下記のようにUnity(Compiz)をサポートしているようにでます。

SS-fglrx-117-011.png

SS-fglrx-117-010.jpeg

表示上はUnity(Compiz)をサポートしているように出ますが、実際にはUnityパネルは出ないし、真っ暗になったりします。なので、上記スクリーンショットはunity-2dの環境で撮りました。

これは下記にバグ報告されています。

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/oneiric/+source/nux/+bug/819144

※下記も似たようなバグ報告があります。同じではないかと思っています。

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/fglrx-installer/+bug/816290

5) もし、Unity-2dも動かない場合。

下記のスレッドの#20の記事に書いてあるように、nomodesetを行ってください。

http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1773851&page=2

sudo vi /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash radeon.nomodeset=1"

青字のところを付け足す。

sudo update-grub

6) 以前にalternativesをgl_confでやってしまった場合。

下記を行ってから、3)のインストールを行ってください。

sudo apt-get purge fglrx*

sudo update-alternatives --remove-all i386-linux-gnu_gl_conf

sudo apt-get install --reinstall libgl1-mesa-dri libgl1-mesa-glx

sudo rm /var/lib/dpkg/alternatives/gl_conf #エラーになっても無視。

以上です。

 

 ←BenQ 24型 モニタ

   現在、BenQのG2420HDを使っていますが、
   今(2011/8/4)もう一台購入するとしたら、これが第一候補ですね。
   ワイドな視野角を持ちながら18000円台は安いと思う。
   スピーカー無しのモデルと思われるものは29000円台なのに・・・
   根本的に違うモデルなのかな??

   あ、そういえば、ディスプレイが一瞬消える現象が
   最近ほとんど出てない。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る