So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.10】Oneiric Ocelot Alpha 1にATI ドライバCatalyst 11.6 (fglrx 8.861)を無理やりインストール -- mesaライブラリのディレクトリ(/usr/lib/mesa)が違う場所に。 [ubuntu]

---6/24 追記 ---

ATI Catalyst 11.6 (fglrx 8.861)がリポジトリから入れられるようになりました。

この記事の手順はせずに、リポジトリーのドライバを利用して下さい。この記事の通りにインストールしたのちに、リポジトリからfglrxをインストールするとalternativesのi386-linux-gnu_gl_confのエントリーが壊れます。

なので、もしこの記事の通りインストールしてしまった方は、 アンインストールするか、i386-linux-gnu_gl_confのfglrx関係のエントリーを削除してから、リポジトリのfglrxをインストールして下さい。 

[6/24 23:30 追記]

libgl1-mesa-glxが6/24の夜にバージョンアップされ、libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu4_i386.debになりました。これにより、control のBreaks 文が修正されて、fglrx_8.861-0ubuntu1_i386.deb とlibgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu4_i386.debの依存関係エラーが出なくなりました。

ですので、アップデートをかけてlibgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu4_i386.deb以上にバージョンアップされている事を確認したのちに、fglrxをリポジトリから持ってくれば、普通にインストール出きるはずです。

くれぐれも、Catalyst 11.6はATIのサイトからは持ってこないでリボジトリの物を使用して下さい。

ただ、fglrx_8.861-0ubuntu1_i386.debをアンインストールしようとすると/usr/lib/fglrx/etcディレクトリが削除できないエラーがでて、上手く削除できないかもしれません。そうなったら、削除する場合(Purgeと同じ完全削除になりますが)は、

sudo vi /var/lib/dpkg/info/fglrx.postrm

とやってエディタを立ち上げて、34行目に

rm -f /usr/lib/fglrx/*

とあるのを

rm -Rf /usr/lib/fglrx/*

と変えてセーブしてから削除を実行して下さい。

これ33行目に「etc ディレクトリを残す」というコメントがあるので意図して行っていると思うのですが、私の環境ではエラーとなってしまいました。 なので、/usr/lib/fglrx/etcディレクトリも消す手段をとりました。

---- 6/24 追記終わり ---

Ubuntu 11.10 (Oneiric) Alpha 1(2011/6/23に最新にアップデート済み)に、ATI Catalyst 11.6 (fglrx 8.861)を入れてみました。

SS-fglrx-1106-004.jpeg

SS-fglrx-1106-002.jpeg

一応動いていますが、パッケージの設定を変えたり、パッチを当てたりと、かなり無理やり入れました。

ATIドライバ(fglrx)のパッケージ化は比較的簡単に出きるのですが、dpkgでインストールしようとすると下記のエラーが出ます。

oneiric@ocelot:~/downloads/ati$ sudo dpkg -i fglrx_8.861-0ubuntu1_i386.deb
[sudo] password for oneiric:
未選択パッケージ fglrx を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 164906 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(fglrx_8.861-0ubuntu1_i386.deb から) fglrx を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により fglrx の設定ができません:
libgl1-mesa-glx (7.10.3-0ubuntu3) は fglrx を壊し、導入済み です。
dpkg: fglrx の処理中にエラーが発生しました (--install):
 依存関係の問題 - 設定を見送ります
ureadahead のトリガを処理しています ...
ureadahead will be reprofiled on next reboot
以下のパッケージの処理中にエラーが発生しました:
 fglrx

それで、mesaのライブラリを探しに/usr/lib/mesaに行きました。ところがそんなディレクトリは無くなっていました。その代わり、 /usr/lib/i386-linux-gnu/mesaというディレクトリに移っていました。 

そのおかげで、前述のエラーを回避しても、 libGL.soが2つ存在してしまうという問題が発生します。入れるのに一苦労しました。(途中からヤケ)一度失敗して、Ubuntu 11.10を再インストールするハメになりました。

ある程度待っていれば、インストール出来るバージョンが出てくるとおもいます。なので、この入れ方は非推奨です。(どんな問題が起こるか分かりません)

どのようにして入れたのか興味がある方は、下記の広告の下にある「続きを読む」を押して(既に開いている方もいると思います)ください。

 

 ←ATI Radeon HD 6850

    もし、今使用中のグラフィックボードが壊れたりしたら
    購入候補の1つはこれだろうな~
    ただ、6000系がUbuntuで素直に動いてくれるか心配。
    でも売っている物がどんどん6000系になってきている。
    実は最近、たまに画面が一瞬消えるという現象が
    起きている。
    原因が分からなくて困ってます。

 

 

 

<< インストール手順 >>

インストールしたのは、Ubuntu 11.10 Alpha 1 (2011/6/23最新アップデート済み)にCatalyst 11.6です。その時のlibgl1-mesa-glxはバージョン7.10.3です。

下記の手順で問題も分かると思いますが、いずれ解消されると思ってます。なので、先ほどもいいましたがインストールは非推奨です。自分の記録のためと、暇潰しにでも読んででもらえたら、と思って書きました。

もし、インストールする方は、後で示すPatchの内容や書き換えてるcontrolファイルの内容を理解した上で、自己責任でお願いします。

※アンインストールは試していません。

※fglrxを入れた後は、アップデートマネージャーを動かすと「部分的アップグレード」が出ます。

※下記の手順は32bit版です。64bit版では、できません。

A) libgl1-mesa-glxを修正&インストール

fglrxをインストール字に前述の通りlibgl1-mesa-glxとの依存関係エラーが出ます。これを回避するために、libgl1-mesa-glxのパッケージのcontorlファイルを修正して、再パッケージ&インストールを行います。

A-1) libgl1-mesa-glxダウンロード&展開

適当なワーキングディレクトリを作って、そこにcdします。そしたら、

apt-get  download libgl1-mesa-glx

でダウンロードします。ダウンロードしたら、

dpkg -x libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu3_i386.deb libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu3_i386

で、中身を展開します。

dpkg -e libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu3_i386.deb 

で、DEBIANディレクトリを展開します。(この中にcontrolファイルが入っています)

A-2) control ファイルの修正

vi DEBIAN/control

として、controlファイルを開きます。11行目辺りに、

Breaks: fglrx, nvidia-173, nvidia-current

という行があるはずですので、下記のように修正します。(全部削除しても構いませんが・・・)

Breaks: nvidia-173, nvidia-current

※この記述があるので、nvidiaのドライバも入らないはず

そしたらセーブします。

A-3) 再パッケージ&インストール

rm libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu3_i386.deb

で、ダウンロードしたパッケージを削除します。

mv DEBIAN libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu3_i386/.

で、DEBIANディレクトリを展開したディレクトリ内に入れて、

dpkg -b  libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu3_i386

で、パッケージ作成。

sudo dpkg -i libgl1-mesa-glx_7.10.3-0ubuntu3_i386.deb

で、インストール。

A-4) バージョン固定

一度Synaptic パッケージマネージャーを立ち上げて、 libgl1-mesa-glxのバージョンを固定してください。

バージョンを固定しないと、apt-get updateをかけるとlibgl1-mesa-glxをインストールしようとします。それを実行するとfglrxがアンインストールされます。apt-get dist-upgradeをすると、それでもインストールしようとします。なので、アップデートマネージャーを動かすと「部分的なアップグレード」が出るわけです。

SS-fglrx-1106-001.jpeg

 

B) ATIドライバのパッケージ情報の修正とインストール

B-1) ATIドライバのダウンロード

http://support.amd.com/us/gpudownload/Pages/index.aspx

からATIドライバ、 ati-driver-installer-11-6-x86.x86_64.runをダウンロードします。

ダウンロードしたら実行権をつけておきます。

chmod +x ati-driver-installer-11-6-x86.x86_64.run 

B-2) ATIドライバの展開

./ati-driver-installer-11-6-x86.x86_64.run --extract foo

で展開します。

B-3) ATIドライバの修正

下記にパッチを示しますので、これをfglrx8861-oneirc.diff として、 ati-driver-installer-11-6-x86.x86_64.runがあるディレクトリに置いてください。

それで、上記のパッチが何をしているかというと、

1)カーネルモジュールを作るときに、smp_lock.hが無いといわれるので、そのための対処。

2)カーネルモジュール作成の為の古いパッチの削除

3)前述の古いパッチを削除したことによるdkms.conf.inの変更

4)mesaのディレクトリが/usr/lib/i386-linux-gnu/mesaに移って、alternativesのエントリーもgl_confからi386-linux-gnu_gl_confに変更になったことに対する処置

です。1),2)はLaunchpadにあるfglrx_installerを参考に直して、それに3)は合わせる形で作りました。4)に関しては私が独自で調べて、以前のfglrxドライバと同等なことをするようにしました。4)がないとlibGL.soが2つ存在してしまいますので、この処置をいれました。

次の手順ですが、

cd foo/packages/Ubuntu/dists/

cp -R natty oneiric

cd oneiric

patch -p1 <../../../../../fglrx8861-oneirc.diff

B-4) ATIドライバのビルド

cd ../../../../

./ati-installer.sh 11.6 --buildpkg Ubuntu/oneiric

上記でビルドします。 始めて作るときは、足りないパッケージを自動的にインストールします。その際にパスワードを求められます。ati-installer.shはfooディレクトリの直下にあります。

作成が終わったら、

cd ..

ここに、下記があるはずです。

fglrx-amdcccle_8.861-0ubuntu1_i386.deb
fglrx-dev_8.861-0ubuntu1_i386.deb
fglrx_8.861-0ubuntu1_i386.deb

B-5) インストール

下記の順にインストールしてください。

sudo dpkg -i fglrx_8.861-0ubuntu1_i386.deb

sudo dpkg -i fglrx-amdcccle_8.861-0ubuntu1_i386.deb

sudo dpkg -i fglrx-dev_8.861-0ubuntu1_i386.deb

そして始めてOneiricにインストールする場合は、もう一度、

sudo dpkg -i fglrx_8.861-0ubuntu1_i386.deb

として下さい。もう一度する理由はfglrx_8.861-0ubuntu1_i386.debをインストールするとalternativeの設定をします。この時にfglrx-amdcccle_8.861-0ubuntu1_i386.debにあるファイルも設定してしまうのですが、fglrx-amdcccle_8.861-0ubuntu1_i386.debはまだインストールされていない為に、ファイルが存在しないから無視されます。では、 amdcccle_8.861-0ubuntu1_i386.debを先に入れればよいかというとfglrx_8.861-0ubuntu1_i386.debに依存していて入りません。入れ子状態なのです。なので、もう一度インストールします。一度目よりインストール時のワーニングが減ってるはずです。

後は再起動するだけです。

ここまで読んでくださって、お疲れさまでした。

 

 ←24型LED液晶モニタ

    これ、BenQのサイトには178度の
    視野角を持つと書いてある。
    それで、これ不思議なのは下記の記事を読む限り
    VW2420Hの方が安いはず。
    http://journal.mycom.co.jp/kikaku/2010/12/20/001/index.html
    ところが、 この記事を書いた時はアマゾンで
    VW2420Hが2万7千円強で、こちらが1万9千円弱。。。
    どうなってるの??


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。