So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 11.04】Natty Narwhal リリース と デスクトップ版のインストール [ubuntu]

本日(2011/4/28)に、Ubuntu 11.04 Natty Narwhal がリリースされました。

http://www.ubuntu.com/

※iPad2も今日から発売ですね・・

私は上記URLからダウンロードしようとしましたが、サーバーが混んでいる為か、うまくダウンロードできませんでした。 そこで、下記のURLからダウンロードしました。

http://releases.ubuntu.com/natty/

それから、下記がリリースノートです。

https://wiki.ubuntu.com/NattyNarwhal/ReleaseNotes

Ubuntu 11.04の主な特徴は、

・Unityというデスクトップ環境が使われて、アプリケーションの起動などにDashといメニューが使われていること

・カーネル 2.6.38 , Xorg 1.10, Compiz 0.9.4.0が使用されている

・デフォルトがOpenOfficeからLibreOfficeに変更

・音楽プレーヤーのデフォルトがBansheeに変更

他にもありますが、見た目にはUnityになった事が一番大きいと思います。それと、起動が早くなった気がします。

逆に困った事は、Compizのバージョンが上がった関係でCompizプラグインの設定の一部が日本語化されていなかったりします。それから、開発途中なのかLibreOfficeがグローバルメニュー化されていなかったりします。

それと、これは私の環境だけなのか、 立ち上げてすぐにアプリケーションのDashメニューを開くと真っ暗です。(下図)「アプリケーションの検索」の所に適当な文字を入れて、一旦閉じると正常に戻ります。

SS-natty-install-022.JPG

その他にも、なんかバグぽいところが所々見受けられます。

Unityのインターフェースが使いやすそうだと思われる方は、入れてもよいと思います。私の主観ですが、Unityはノートパソコンに向いているインターフェースのような気がします。

インストール方法を見たい方は、広告の後の「続きを読む」を押してください。※既に広告の下にインストール方法の記述が見えてる方もいると思います。

 ←PCケース

    派手~ ただ、通気性はよさそう。
    フロントに12cmを2つも付いてる。
    風量調節つまみも付いてるらしい。
    ただ、電源が一番下なのは作った事ない。。

 

 

 

 

<<インストール>>

デスクトップ版の新規インストールの説明です。アップグレードとかは、私が行った事ないので説明していません。

※説明は都合上Virtualboxのスクリーンショットを利用しています。

1) 前準備

ダウンロードした、 ubuntu-11.04-desktop-1386.isoをCDに焼いて下さい。

それと、デュアルブートの方はGparted使うなり、新しいハードディスクを増設するなりして、 インストール領域を確保して下さい。それとデュアルブート時に、ブートローダーのインストール先や細かいパーティションの切り方などは説明を省略していますので、自信の無い方はデュアルブートは止めた方が良いと思います。

2) CDからbootする。

作成したCDを入れて、PCを起動して下さい。もし、CDから立ち上がらない場合はBIOSの設定で起動デバイスの優先順位をハードディスクよりCDを先にして下さい。BIOSの設定方法は、PCによって違いますので各自で調べて下さい。

3) 日本語を選ぶ

CDから起動して待っていると下図が出るはずです。

SS-natty-install-001.JPG

左側の欄の一番下に日本語とあるのでそれを選びます。この時、初めてのスクロールバーに戸惑うかもしれません。言語を選ぶリストの右淵あたりに一部色が濃い部分があるので、そこにカーソルを持っていくと右クリックで掴めます。

そしたら「Ubuntuをインストール」を押します。

※ここで「Ubuntuを試す」を押せば、既にハードディスクに入っているOSに影響を与えることなくUbuntuを体験できます。

4) インストールの準備

SS-natty-install-002.JPG

ここで、 上図のように「インストール中にアップデートをダウンロードする」と「サード・パーティ・ソフトウェアをインストールする」の2つにチェックを入れます。

そして「進む」を押します。

4) 領域の割り当て

ハードディスクに何も入っていない(つまりOSがない)PCなら下記の様に出るはずです。

SS-natty-install-003.JPG

インストール対象のハードディスクに全てUbuntuに割り当ててしまっても良ければ、このまま「進む」を押します。

 これ以降の4)の項目は読む必要は無いので5)に飛んで下さい。

それ以外の方は下記の様に出るはずです。

SS-natty-install-018.JPG

上図は既にUbuntu 10.10が入っていた場合です。これは各自の環境によって違います。例えば、Ubuntu 10.10の所がwindowsになっているかもしれません。

そこで、既に入っているOS(上図ではUbutu 10.10)を削除するなら、「Ubuntu 10.10を削除して再インストール」を選んで、「進む」を押します。

 この場合もこれ以降の4)の項目は読む必要は無いので5)に飛んで下さい。

削除せずにデュアルブートにする方は、上図のようにそれ以外を選んでください。それで「進む」を押してください。すると下図が出ます。

SS-natty-install-019.JPG

ここで、1)前準備で述べたようにインストール用に空き領域があるはずですので、上図のように空き領域を選んで、「追加」を押します。※間違っても空きエリア以外を選ばないで下さい。

そうすると、下図のような画面がでるので、パーティションタイプやマウントポイントを作成して下さい。

SS-natty-install-020.JPG

とりあえず1つのパティションにswapエリア以外いれるならマウントポイントに「/」を選んでください。

パーティションタイプは、どこに空きエリアを作成したかによるので、適切な方を選んでください。それで「OK」を押します。

戻ると下図のようになっていて、一番下にDevice for boot loader installationと言う欄があるので、適切に選んでください。(下図は押した状態)※これを間違えるとブートしなかったり、意図しないブートローダーを入れる事になります。十分注意して下さい。

SS-natty-install-021.JPG

ちなみにwindowsとUbuntu 11.04のデュアルブートにする場合に、ブートローダーをGrub2にするならWindowsのMBR(例 : /dev/sda)を指定します。この方法だと、後日Ubuntu 11.04を削除した時にWindowsのMBRを修復する必要が出てきます。修復できないとwindowsすら立ち上がりません。

Windowsのブートローダーであるntldrを使用する場合は、Ubuntu 11.04を入れたパーティションのPBR(例:/dev/sda3)を指定して下さい。この場合は、単純に再起動してもUbuntu 11.04は起動しません。Windowsを立ち上げてeasyBCDなどでUbuntu 11.04起動するようにntldrを設定します。この方法だと、ntldr→Grub2→起動という過程を経るので、起動が面倒です。しかし、後日Ubuntu 11.04を削除しても、Windowsは立ち上がるし、easyBCDでエントリーを削除してあげれば削除は完了です。

※赤字で書いた所が、主にデュアルブートで失敗する所です。
※つまり、OSのインストール先とブートローダーのインストール先です。

これで間違いが無ければ「インストール」を押してください。そしたらインストールが始まりますので、6)時刻の設定に飛んで下さい。

 

5)  インストール確認

 SS-natty-install-004.JPG

間違えが無ければ「インストール」を押してください。

 

6) 時刻の設定

SS-natty-install-005.JPG

上図がでますので、Tokyoになっているのを確認して「進む」を押してください。

 

7) キーボードの設定

SS-natty-install-006.JPG

ほとんどの方(windowsで使用されているキーボードを使ってる方)は上図の設定で問題無いと思うので「進む」を押してください。ただし、キーボードが特殊な方は設定して下さい。

 

8) マシン名とユーザー名の設定

下図がでますので、それぞれ設定して下さい。

SS-natty-install-007.JPG

全て英語が記述して下さい。大文字・小文字は違うものとして区別されます。

それと、「ユーザ名の入力」がそのままログインIDになります。起動するたびにログインするのが面倒だし、PCを使用するのは自分だけと言う方は「自動的にログインする」にチェックを入れて下さい。(自動的にログインは後からでも簡単に変更可能です。)

入力が終わったら「進む」を押してください。

そして、しばし(私のPCで20分くらい)お待ちください。

9) 再起動

結構待っていると、下記が出ますので「今すぐ再起動する」を押してください。

SS-natty-install-008.JPG

すると、画面が変わって、下図の所で止まります。

SS-natty-install-009.JPG

そうしたら、CDを取り出してからENTERキーを押してください。

 

10) インストール終了

そして再起動されて、ログイン画面がでるので、8)で設定したパスワードを入れてログインすると、下図のようになります。(デュアルブートの方はログイン画面の前にでるブートローダーの選択画面でUbuntu 11.04を選んでください)

SS-natty-install-011.JPG

これで、Ubuntu 11.04のインストールが終了です。お疲れさまでした。

 

(オマケ) 日本語の言語バーを出す。

画面の一番右上の部分をおして、システム設定を出します。

SS-natty-install-012.JPG

そうすると「コントロールセンター」開くはずです。

そしたら、下の方のキーボード・インプットメソッド選んでください。

SS-natty-install-015.JPG

「言語パネルの表示:」を「アクディブであるとき」にします。

すると、日本語入力可能な所では下図のような言語バーがでます。

SS-natty-install-016.JPG


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

JION

<a href="http://holaindiaviajes.com/imgs/air-max-90-vita-herr,nike-free-billigt,air-max-rea-herr.html">air max 90 vita herr,nike free billigt,air max rea her</a>そしたら、下の方のキーボード・インプットメソッド選んでください。
<a href="http://www.bhagirathiexports.com/nike-air-max-90-herr-billigt,air-max-2014-dam,nike-billiga-skor.html">nike air max 90 herr billigt,air max 2014 dam,nike billiga skor</a>
<a href="http://pegmel.com/bemfoto/billiga-air-max-90-dam,lila-nike-skor,nike-air-max-90-essential-herr.html">billiga air max 90 dam,lila nike skor,nike air max 90 essential herr</a>
<a href="http://www.crawfordguesthouse.com/img/nike-air-max-outlet-sverige,nike-air-max-90-dam-rosa-vita,nike-air-max-f%C3%B6r-barn.html">nike air max outlet sverige,nike air max 90 dam rosa vita,nike air max för barn</a>
<a href="http://vikjaystones.com/wp-content/gallery/nike-air-skor,barn-nike-air-max,skor-p%C3%A5-n%C3%A4tet.html">nike air skor,barn nike air max,skor på nätet</a>

by JION (2015-11-04 17:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る