So-net無料ブログ作成
検索選択

【Ubuntu 11.04】 Tomcat 7.0.11 インストール + Eclipse 3.7M6(Indigo)に Tomcatプラグイン インストール [ubuntu]

Eclipse 3.7M6(Indigo)をインストールしたので、ついでにTomcat 7.0.11をインストールしてみました。

操作をしやすくするために、EclipseにTomcatプラグイン(tomcatPluginV33)もインストールしました。

javaのインストール方法は、

【Ubuntu 11.04】 Oracle(Sun) Java version 6 update 24 インストール (Firefox 4.0 プラグイン含む)』  

Eclipse 3.7M6(Indigo) のインストール方法は、

【Ubuntu 11.04】 Eclipse 3.7M6(Indigo) + CDT 8.0 + Pleiades 1.3.3(日本語化)

をご覧ください。

一応簡単なJSPを作って動かせました。

SS-tomcat-001.jpg

具体的なインストール方法は長くなったので、『続きを読む』を押してください。(直接この記事を開いた方は既に見えていると思います。

 

 ←Eclipse 参考書

    amazonのなか見検索で目次を見ると
    Tomcatについても触れられてるみたい。

 

 

 

 

 

 

<< Tomcat 7.0.11 >>

1) ダウンロード

下記のページにアクセスして、Binary Distributionsの・Coreの○tar.gz をダウンロードします。現在7.0.11ですが、7.0.xxなら同じ手順でできると思います。

http://tomcat.apache.org/download-70.cgi

2) 展開

今回も /opt に入れました。ただ、結局オーナーを自分にしないとうまくEclipseと連動できなかったので、ホームディレクトリでよいと思います。(/opt に入れる必要なかった。。) ホームディレクトリにインストールする方は適宜読み直してください。(ホームディレクトリの場合はsudoなど必要ありません)

端末から

cd /opt

sudo tar xf /*<ダウンロードPATH>*/apache-tomcat-7.0.11.tar.gz

sudo chown -R user:group apache-tomcat-7.0.11

# userはwhoami コマンドで確認してください。groupUbuntuの場合、userと同じです。
#例(nattyというアカウントなら):sudo chown -R natty:natty apache-tomcat-7.0.11
#sudoを付けずにtarで展開された方は、chownコマンドは必要ありません。

sudo ln -s apache-tomcat-7.0.11 tomcat

3) 設定

3-1) CATALINA_HOMEの設定

【Ubuntu 11.04】 Oracle(Sun) Java version 6 update 24 インストール (Firefox 4.0 プラグイン含む)

でJavaのSDKをインストールした時に、

export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jdk1.6.0_24
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

を記述しましたが、その下にでも、

export CATALINA_HOME=/opt/tomcat

を付け加えてください。 上記記事を参考に/etc/profile.d/sun_java.shを作成された方は次のようにすればよいです。

cd /etc/profile.d

sudo vi sun_java.sh

最終行に  export CATALINA_HOME=/opt/tomcat を追記してセーブ。

終了したら、一度ログアウトしてログインしてください。 (sourceコマンドでもよいですが、ログアウトの方が確実なので)

3-2)  Tomcat Userの設定

cd /opt/tomcat/conf

vi tomcat-users.xml # sudo 必要ないはず。

これで下記のようにエディットします。 

---- ここから ---

~ 前略 ~

<!--
  NOTE:  The sample user and role entries below are wrapped in a comment
  and thus are ignored when reading this file. Do not forget to remove
  <!.. ..> that surrounds them.
-->
  <role rolename="tomcat"/>
  <role rolename="manager-gui"/>
  <role rolename="admin-gui"/>
  <role rolename="role1"/>
  <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>
  <user username="both" password="tomcat" roles="tomcat,role1"/>
  <user username="role1" password="tomcat" roles="role1"/>
  <user username="username" password="pass" roles="manager-gui,admin-gui"/>
</tomcat-users>

---- ここまで ----

まず、<role rolename="tomcat"/>の前に"<!--"と</tomcat-users>の前に"-->"と記述してあって、コメントアウトされてます、これらを削除してください。

以前のバージョンだとrolseがmanagerとadminだったと思いますが、GUIの場合manager-guiとadmin-guiを使用します。そして、textの場合はmanager-scriptとadmin-scriptになります。

usernamepassは自分の覚えやすいものにしてください。

4) 確認 

echo $CATALINA_HOME

と入力して、/opt/tomcat と出るのを確認する。(ホームディレクトリにインストールした人は、そのPath) 

$CATALINA_HOME/bin/startup.sh

入力すると、下記が出力され起動されます。(バージョンやPathは環境によって違います)

Using CATALINA_BASE:   /opt/tomcat
Using CATALINA_HOME:   /opt/tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/lib/jvm/jdk1.6.0_24
Using CLASSPATH:       /opt/tomcat/bin/bootstrap.jar:/opt/tomcat/bin/tomcat-juli.jar

そしたら、ブラウザを立ち上げて、http://localhost:8080/ にアクセスします。すると下図の画面がでます。

SS-tomcat-003.jpg

左サイドに猫のロゴがありますが、その右サイド側にManager Appというボタンがあるので押します。

アカウント名とパスワードを求められますので、 3) で設定したusernamepassを入力します。

すると、下図のような画面になります。

SS-tomcat-002.jpg

これがうまくいけばOKです。

終わったら、Tomcatを終了しますが、下記のコマンドで終了します。

$CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh

startupの時と同じものが端末上に表示されるはずです。

 

<< Tomcat Plugin >>

1) ダウンロード

下記のページからtomcatPluginV33.zipをダウンロードします。   

http://www.eclipsetotale.com/tomcatPlugin.html

2) インストール

まずは、eclipseを終了しておいてください。

そしてtomcatPlluginV33.zipをインストールしたeclipse内のdropinsディレクトリに解凍すればよいです。

具体的には、eclipseを /optにインストールした場合、端末から、

cd /opt/eclipse/dropins/

sudo unzip /*<ダウンロードPath>*/tomcatPluginV33.zip

とします。sudo しているので、<ダウンロードPath>はルートからの絶対Pathにしてください。

3) 設定

eclipseを起動します。

メニューから[ウインドウ]→[設定] で設定画面を出します。そしたら、左側の欄にTomcatがあるはずのなので選びます。

SS-tomcat-005.jpg

そしたら、上図のように、tomcatのバージョン7.xをチェックを入れて、Tomcat ホームにTomcatのインストールディレクトリを指定します。ちなみにTomcatホームは、端末から"echo $CATALINA_HOME"と入力した時の値と同じです。

もし、eclipseのツールバーにtomcatのアイコンが無い場合は、eclipseのメニューから[ウインドウ]→[パースペクティブのカスタマイズ]を選びます。すると下図のウインドウが開くはずです。

SS-tomcat-006.jpg

Tomcatの所にチェックを入れて「OK」を押せばツールバーにアイコンが出るはずです。

4) EclipseからTomcatの起動・停止

eclipseから猫のアイコンを押してTomcatを起動します。この時eclipseのコンソール欄に赤字で色々メッセージが出るはずです。

そしたらブラウザで http://localhost:8080/ にアクセスして、下図が出るのを確認してください。

SS-tomcat-003.jpg

今度は、猫の上に赤でバツ印がついているアイコンを押してください。 この時もeclipseのコンソール欄に赤字でメッセージが出るはずです。

もう一度 http://localhost:8080/ にアクセスするか、アクセスした状態ならリロードしてください。今度は「ページ読み込みエラー」が発生しているのを確認してください。Firefoxなら「正常に接続できませんでした」というエラーが出るはずです。

念のため上記の起動と停止をもう一回くらい試してください。(初めからTomcatが立ち上がっていた場合の為)

うまく起動・停止できたら完了です。ご苦労さまでした。

 

あとはEclipseでファイルの関連付けを設定して、

[ファイル]→[新規]→[java}→[Tomcatプロジェクト]でプログラム作るだけです。

これ以上は、書籍でも購入するか、ネットで調べるかしてください。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

Yossy

非常に参考になりました。ありがとうございます。
Blogでも紹介させていただきました。
by Yossy (2012-03-17 15:50) 

あんきょ

☆Yossyさん☆
参考になって良かったです。
サーバー構築頑張って下さい。

by あんきょ (2012-03-19 22:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。