So-net無料ブログ作成

【Ubuntu 9.10】 Awn (MacOS X 風 ドック) 0.3.9 をインストールしてみたら、Gnomenuアプレット付きだった。 [ubuntu]

launchpadのページをフラフラしていたら、AWNが0.4-rcがダウンロード出きるようになっていたので、早速ダウンロードしてみたのですが・・・

./configureを実行すると、libdesktop-agnosticのバージョン0.3.9を要求されるのですが。。。どこ探しても見つからない。0.0.1なら見つかったのですが、、、(私の探し方が悪いのか、configure.inの記述に誤りがあるのか分かりません)

それで、PPAでawn-testing(ただ、どのようにlaunchpad内をたどってPPAを見つけたのか忘れてしまいました。)を入れました。現在、Awn 0.3.9.1 bzr 638 です。

そしたら。。

(‾◇‾;)エッ Gnomenu がAWNから起動できるようになってる。。

下記のスクリーンショットの一番下のパネル状のものがAWNです。

AWN01.jpg

 

ただ、Gnomenu アプレットはバグがありました。

下記は設定画面ですが、Gnomenuのアプレットの所にGnomeのロゴでもある足のアイコンが表示されています。しかし、インストール時ではこのアイコンの部分が歯車のアイコンになっていて正常に表示されませんでした。

AWN02.jpg

そこで調べてみたら、 /usr/share/avant-window-navigator/applets/GnoMenu.desktop のファイルの12行目が

Icon=GnoMenu/logo.png

となっていて、.pngの拡張子が余分に入ってました。そこで、

Icon=GnoMenu/logo

と書き直したら上図の様に正常に表示されました。

それと、始めのスクリーンショットはハートマークのアイコンになってますが、通常では2番目のスクリーンショットの足のアイコンが使用されます。これは、/usr/share/avant-window-navigator/applets/GnoMenu/GnoMenu.py のソースコードに改造をかけているのでハートマークになってます。それと、メニューの出現位置もソースコードに改造かけて実現しています。なので、これらは現時点(2010/3/26)ではpreferencesのメニューとかからは設定できません。

その他にも、いくつか0.3.2から変更になっていて、アプレットではセパレーターの代わりにエキスパンダーになっていたり、スティックスイッチャーが標準で入っていたりします。AWN本体の方も最初のスクリーンショットや下記のスクリーンショットのように、3Dやパネル以外にエッジやカーブといった形式のドックが用意されていました。それとDockの設定がかなり詳細にできるようになってました。(なんだか、よく分からないパラメーターまでありました)

AWN03.jpg

これはあくまで推測ですが、開発の進み方やLaunchpadからダウンロード出来るdebパッケージなどを見ると、Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx)に合わせてAwn 0.4シリーズを正式リリースをするのではないかな~という感じでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。