So-net無料ブログ作成
検索選択

FLVからDVD作成がやっとできた。 [フリーソフト]

先日、『FLVからDVD作成が上手くいかない』の記事を書きましたが、やっと作ることができました。

やり方はDVD Flickで作成する方法です。(やり方は「FLV DVD Flick」などで検索かけてたぐれば出ます。)
この前の記事ではエンコードできないものが存在したと書きました。
また、知人の家でおこなった時は動画を追加できないものも存在しました。

DVD Flickには日本語化パッチを当てているのですが、よく考えてみるとインターフェースは日本語化されてますがDVD Flickが日本語を扱えるわけでは無いはずと思い、次のことをしました。

「入出力ともPathとファイル名に2バイトコードを使わない」

つまり、DVD化するFLVのファイル名と保存先フォルダ名(上位のフォルダも含む)をすべて半角英数(IMEを起動させないってこと)にしました。もちろん出力側も半角英数(例:C:\Video\DVDwork)だけにしました。
そこで、ダウンロードしたFLVファイル名が規則的な場合な時は、一括変換した方が楽なので、
『Flexible Renamer』
というりネームソフトを使いました。

そしたら、エンコードの失敗が無くなりました。(ただ、検証量が少ないので絶対とは言えません)
それと、前回(日記には記述してませんが)はプロジェクトをセーブして読み込むと失敗してましたが、それが無くなりました。(こちらも、検証量が少ないので絶対とは言えません)

そして、ISOファイルを作ってImgBurnで焼いたら失敗。
ちょうどそこで、ブランクDVD(どこのメーカーか分からない8倍速対応)が無くなったので、新しいブランクDVD(三菱製16倍速対応)をNero7で焼いたら上手くできました。
なので、メディアが悪いのか、書き込みソフトが悪かったのかわかりません。 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
これについては、検証するにはブランクDVDを何枚か駄目にすることが考えられるので、それはもったいないのでNero7で焼くことにしました。

ちなみに、作成したDVDはPlayStation2でみることができました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。